付属病院を就職先として選んだ決め手

就職先は、「3次救急までの受け入れをしていて、且つドクターヘリのある病院」で探していました。インターンシップで4~5病院回ったのですが、その中で付属病院の雰囲気が一番良かったし、また担当してくれた看護師の方が仕事に情熱を持っていて、質問にも丁寧に分かりやすく応えてくれたのが良かったです。インターンシップ中、ドクターヘリの写真も撮らせてもらって、ここで働いてみたい!と思いました。

実際就職してみて・・・

自分の希望通り、高度救命救急センターに配属されました。命を預かる現場なので、先輩は厳しいですが、その分様々なことをしっかり教えてくれます。1年目にはフォローしてくれる先輩が必ず付いていてくれますし、それ以外の先輩も何かと声を掛けてくれます。同期が28人もいるので、分からないところは聞き合ったり情報を共有して、皆で刺激し合ってレベルアップできる良い環境ですね。また、認定看護師の先輩も多く、自分の看護観をしっかり持っている姿は目標になります。
2年目になって後輩が入ってきて、そのフォローに入ることも出てきました。間違ったことを教えられないので、自分自身、勉強をし直す良い機会になっています。専門性を高めたい気持ちもありますが、まずは自分のベースとなるものをしっかり作っていきたいです。

就職活動中の人にメッセージ

私は、父が救急救命士で、小さい頃から救命に興味を持ち、救命がやりたくて色々な病院を見て探してきました。漠然とでも良いので、自分がどういうことをしたいのかを考え、少しでも興味のあるところを見つけて就職先を探していけば、自分に合った病院にめぐり合えると思います。

明日のチームメイトへ