付属病院を就職先として選んだ決め手

私が就職先を決める際に最も重要視したことは、卒業後、しっかりと学べる環境があるかという点です。入職して1年目に基礎を学び、その後、看護師として患者さんに安全安楽な看護をしたいと考えていました。周囲の人達に相談していくうちに、大学病院や総合病院がいくつか候補に挙がりました。当時、私は大学病院といえば、重症な患者さんの治療を行う急性期型の病院だというイメージがありました。知識、技術を学べる環境ではあるとは思いますが、一方ではとても厳しく、自分がやっていけるだろうかという不安もありました。また、付属の看護学校の出身者と他の看護学校を卒業した人との関係や、出身学校による派閥等があって、大変そうなイメージもありました。

実際就職してみて・・・

付属八王子病院は派閥といったものは全く無く、男女共に様々な看護学校からの入職者がいて、皆、協力し合って看護を行っています。実際に働いてみて、やはり「一から看護を学べる環境」であることを実感しています。私が所属しているICU・CCUは、専門看護師、認定看護師がいて、身近な環境で高度な知識・技術が学べます。将来は、看護学校の教員になりたいと思っています。今はICU・CCUで様々なことを学び、体験し、いつかは学生に看護を教えることが出来るようになりたいと思っています。

就職活動中の人にメッセージ

自分が看護師として「何をしたいか」「どの様な看護師になりたいか」を考えながら就職活動を行ってください。どの病院に就職しても辛いことは必ずあると思います。しかし、それ以上に、患者さんとの関わりや、職場の仲間達と看護を実践していく中で、嬉しいことが必ず待っています。付属八王子病院に入職しましたら、ICU・CCUで待っています。一緒に看護をしていきましょう!

明日のチームメイトへ