セカンドオピニオン外来のご案内

セカンドオピニオンとは(事前予約)

患者さんやご家族が納得してより良い治療方針を選択できるよう、現在受診している病院の医師以外の専門医に意見(セカンドオピニオン)を求めることをいいます。
最近の医療技術発展に伴い、同じ疾患であっても様々な治療方針が確立されてきているなか、当院は高度かつ専門的な医療を提供する大学病院として、セカンドオピニオン外来を開設しております。
当院セカンドオピニオン外来では、診断内容・治療法に関して専門医が診療情報提供書(紹介状)を基に意見を述べさせていただきます。患者さんからのお話、現在の主治医からの情報提供の範囲での判断になりますので、新たに検査・治療は行いません。

次の目的での申し込みはお受けできません。

  • 当院での診断・診療行為を希望する。
  • 主治医が良い医師であるかどうか聞きたい。
  • 主治医に対する不満・苦情の相談。
  • 過去の治療が正しかったどうか聞きたい。
  • 主治医が信頼できないので当院で手術を受けたい。

上記に該当する方は通常の受診になります。申し込み手続きについては初診の方へをご覧ください。

セカンドオピニオン外来はご本人との面談を原則といたしますが、来院が不可能な場合はご本人の同意書(書式は任意)をお持ちいただければ、ご家族の方のみでも可能です。来院の際に必ず患者さんとの関係を証明するもの(健康保険証等)をお持ちください。
また、当院のセカンドオピニオン外来では専門分野に対応する医師は限定されております。ご希望される専門分野が当院では開設されていない場合、指定以外の医師との面談を希望される場合は担当者にご相談ください。