皮膚科

GIO(一般目標)

皮膚科医として患者に適切な説明、治療を行なうようにすると共に、他科からの依頼に対し適切な回答が行えるようになるために皮膚の形態、機能を理解し、皮膚科の主要な疾患の病態、症状の知識を得、研修終了時には、日本皮膚科学会認定専門医受験資格を取得する。

SBOs(行動目標)

  • 皮膚科医として皮膚症状の正確な観察およびその正しい記載をする。
  • 疾患によっては、皮膚生検を行い、臨床症状との関係を考えながら、その病理組織を診断し、必要に応じて、特殊染色および蛍光抗体法の依頼をする。
  • 疾患に応じて、アレルギー検査(パッチテスト、皮内テストなど)、光線テスト、真菌学的検査を理解し、施行する。
  • 皮膚科で一般的に行なわれる、外用療法、内服療法、点滴療法、手術療法および光線療法について、その効用、意味を説明する。
  • 学術集会、学術出版物に症例報告や臨床研究の結果を発表する。
  • 日本皮膚科学会認定専門医を取得する。

LS(方略)

OJT(On the job training)

  • 初診外来で指導医に付き、疾患についての理解を深めるだけでなく、患者や紹介医への対応など社会的な側面を学ぶ。
  • 再診外来を自ら行い、初診での方針に基づき治療を行なう。場合によっては再度、初診外来の指導医に指示を仰ぐ。
  • 入院患者を受け持ち、指導医の下で患者に対し治療、指導を行なう。

勉強会

  • 週1回ずつの教授回診および准教授回診に参加する。
  • 月1回開催される東海皮膚研修セミナー(内外より講演者を招聘)に参加し、皮膚科学に関する理解を深める。
  • 週1回の教科書や皮膚科関連雑誌を用いた勉強会に参加する。

学術活動

  • 皮膚科関連学会に参加し、症例報告や臨床研究などを発表する。
  • 症例報告や臨床研究などを皮膚科関連雑誌に投稿する。

EV(評価)

  1. 1.上記のLS1-3などを基に総合的に判断される。
  2. 2.また、目標として上記に示した、日本皮膚科学会認定専門医受験資格の取得状況を評価する。

備考(日本皮膚科学会認定専門医)

  1. 1.資格申請に必要な単位
    講習会、学会発表、原著発表の合計が150単位以上
    1. (1)講習会(講習会の単位は計80単位まで)
      • 必須項目 10単位/回、30単位以上
      • 選択項目 10単位/回
    2. (2)学会発表5単位/回
    3. (3)原著発表 10単位/編、3編以上
  2. 2.受験科目
    1. (1)書類審査
    2. (2)筆記試験
    3. (3)口頭試問
  3. 3.受験日
    年1回(8月)

診療実績

  1. 1.1日あたりの外来患者数:約130人
    乾癬、アトピー性皮膚炎、腫瘍・母斑、真菌の専門外来あり。

問い合わせ先

担当:生駒 憲広 (いこま のりひろ)

TEL0463-93-1121(内線2330)

n-ikoma@is.icc.u-tokai.ac.jp

診療科オリジナルサイト別ウィンドウで開きます