臨床検査

GIO(一般目標)

適切な検査手順による臨床検査結果を総合的に評価し、臨床(検査)医として必要な臨床検査医学に関する幅広い知識・技能・態度および一般臨床医が自ら実施すべきベッドサイド検査や緊急検査に関する基本的知識・技術・態度を習得する。臨床に結びつく検査実施、報告ができるよう思考力、判断力、想像力を養うと共に、冷静な自己評価を行いつつ第三者の評価を受け入れ、確実に臨床にフィードバックする態度、習慣を身に付ける。

SBOs(行動目標)

  • 疾患の病態・診断に必要な検査計画を立案し、結果の評価と解釈に基づき、結果報告書が作成できる。
  • 検査を受ける患者(や家族)との間に、望ましいコミュニケーションを速やかに形成することができる。
  • チーム医療において、検査診断を臨床検査技師など医療スタッフと協調した態度をとることができる。
  • 一般臨床医が自ら実施すべき基本的臨床検査を医学部学生に教育、指導することができる。
  • 各疾患の病態生理・血液・生化学・免疫・細菌検査について基礎的知識を有し、適切な検査診断計画および結果の解釈ができる。
  • 血液疾患の病態および骨髄検査に関する基礎的知識を用いて骨髄像・末梢血像を判読できる。病態を総合的に診断し治療の概略を述べることができる。
  • 感染症・血液疾患・遺伝子疾患の病態および遺伝子・染色体検査に関する基礎的知識を有し、適切な結果の解釈ができる。
  • 検体検査に関する各科からのコンサルトに適切に応じることができる。
  • 消化器・循環器・表在臓器における疾患の病態を理解し、それぞれに適した超音波検査装置や画像判読について必要な基礎的知識を説明できる。
  • 超音波装置を用いて基本的手技ができ、臓器病変の描出と診断ができる。
  • 心電計や心電図に関する基礎的な知識を有し、心電図の判読ができる。
  • 神経・精神疾患の病態および脳波計や脳波に関する基礎的な知識を有し、脳波の判読ができる。
  • 判読した所見、報告書について各科からのコンサルトに適切に応じることができる。
  • 感染症に関する基礎的知識、診断・治療法、予防法などの知識を説明できる。
  • 医師、看護師、看護助手などの医療スタッフや従業員に対し感染対策についてわかりやすく説明・指導できる。
  • 情報収集、分析に基づき、感染対策の立案と実施・指示ができる。
  • 地域病院からの感染対策相談に応じ、適切にアドバイスすることができる。

LS(方略)

OJT(On the job training)

検査専門医のもと、検体検査、生理検査を行い、その判読を行う。感染症対策に積極的に参加する。

勉強会

  • 血液検査勉強会:毎月第2木曜日17時30分~
  • 超音波検査勉強会:毎週金曜日16時30分~
  • 研修医症例報告会:第4水曜日16時30分~
  • 感染防止セミナー:毎月1回

学術活動

  • 臨床検査医学会総会発表(年1回)
  • 臨床検査に関する地方会発表(年1~2回)
  • 超音波検査学会発表(年1~2回)

EV(評価)

  1. 1.1カ月に1度の教授による面接試験を行う。
  2. 2.直接指導医による到達度の評価を行う(随時)。

診療実績

  1. 1.血液検査
    1. (1)血液総合診断報告書作成:約35件/月
    2. (2)JPLSG中央診断報告書作成:約30件/月
    3. (3)細胞表面マーカー報告書作成:約20件/月
    4. (4)血小板機能検査報告書作成:約5件/月
  2. 2.遺伝子・染色体検査報告書作成:約80件/月
  3. 3.心電図判読:約20件/日
  4. 4.超音波検査(腹部・表在を含む)判読:約150件/日
  5. 5.脳波検査判読:約3件/日
  6. 6.細菌検査検閲:約85件/日
  7. 7.感染相談:約40件/月

問い合わせ先

担当:浅井 さとみ(あさい さとみ)

TEL0463-93-1121(内線2450 PHS5336)

sa@is.icc.u-tokai.ac.jp