放射線技術科

概要

放射線技術科は、画像診断センター内で5つのブロックに分かれ検査、治療を行っています。「一般撮影・CT部門」、「X-TV・MRI部門」、「血管撮影」、「核医学」、「救命救急センター(MRXO)」、さらに「放射線治療部門」「健診センター」が加わります。

スタッフ構成

診療放射線技師 常勤74名(男性53名・女性21名) 非常勤 3名 撮影助手2名。

主な保有機器

  • 一般撮影:6室(島津製作所RAD speed Pro 4室、頭部規格撮影装置 1室、乳房撮影装置 Hologic社 Selenia Dimensions 1室)
  • CT:128列CT、64列、128列Dual Source 2台 計4台(シーメンス社)
  • X-TV:3室(島津製作所、東芝)
  • MRI:5室(1.5T 3台、3.0T 2台)(フィリップス社)
  • 救命救急センター(MRXO):4室(一般撮影、128列CT、1.5T MRI、血管撮影)
  • 血管撮影:4室(フィリップス社、シーメンス社、GE社)
  • 核医学:4室(PET/CT 1台、SPECT/CT 1台、ガンマカメラ(ECAM 2台)
  • その他:病室撮影用装置 15台、結石破砕装置、骨密度測定装置
  • 放射線治療:3室(リニアック 2台、Varisource 1台)
  • 健診センター:7室(X-TV 5室、RAD speed 1室、CT 1室)
  • 診療時間外の夜間には3名、休日の日勤者は5名配置し、救急医療や入院患者の緊急検査に瞬時に対応できるような体制で業務を行っています。もちろんMRI・血管撮影も24時間対応しています。地域の基幹病院として、さらには特定機能病院としての機能・役割を果たしています。

    ご挨拶

     

    われわれ東海大学医学部付属病院の診療放射線技師は、患者さんの安全・安心をモットーに日夜、業務に励んでおります。
    医療の中で画像診断は、欠かすことができない非常に重要な位置付けにあります。そのためにわれわれは診療サイドに配信する画像について、一人ひとりが責任を持って最良の画像を提供することを科の柱として掲げ、常に適正なX線量です。高い画質を追求し検査精度の向上も併せて業務を行っております。 さらに時間をかけずに診断・治療が行えるよう、受診当日に検査ができるような体制を作って、早期に診断し治療を開始していくという病院の方針に大きく寄与しています。
    各部門には、それぞれ最新の装置が導入され、充実した設備で、つねに最良の画像を提供できるよう努めています。

    放射線技術科長
    安藤 冨士夫