臨床検査技術科

概要

 

臨床検査技術科は、中央臨床検査センターや輸血室で業務を行う臨床検査技師が所属する部署です。臨床検査は、患者さんからの採血や採取された血液、尿、体液などを用いて行う検体検査(血液、生化学、一般、免疫、細菌など)、患者さんの心臓、肝臓、肺、脳神経などの検査を行う生理機能検査(心電図、肺機能、超音波、脳波など)、また患者さんが輸血を必要とした場合に行う輸血検査(血液型、不規則抗体、交差適合試験など)があります。さらに骨髄・臍帯血・末梢血液に含まれる造血細胞を移植するための移植関連検査や移植細胞の凍結保存・解凍業務などを行っています。
臨床検査は、日々進歩を遂げ最新の技術で質の高い検査が求められており、そのための検査体制の構築と職員の人材育成を行い患者さんの診断や治療に貢献すべく努力を続けています。

ご挨拶

臨床検査技術科に所属する医療技術職員は臨床検査を専門とする職員です。我々職員は臨床検査技師の立場として、日常の検査業務以外に院内感染対策チーム、栄養サポートチーム、糖尿病療養指導、腎臓病教室チーム、造血細胞移植支援など多くのチーム医療に積極的に参加しています。臨床検査技師は医師、看護師など他の医療従事者と連携して病気や怪我と闘っている患者さんを支援しています。また患者さんに常に正しい検査結果を報告するために検査の精度管理と測定装置の定期点検の実施に努めています。
今後も患者さんの外来診療が円滑に行われるために迅速な診療前検査の実施と検査待ち時間の短縮を行い、全ての患者さんに満足してもらえる効率的な検査室を目指して行きます。
臨床検査に関して分からないことや、ご要望などがありましたら検査室の受付職員に気軽にご相談ください。

臨床検査技術科長
篠生 孝幸