小児外科

診療内容

 新生児から15歳までの消化器を中心とする外科的疾患の診療にあたるのが小児外科です。新生児期あるいは胎児期に発見されたときは、小児科・産科と連携しながら、総合周産期母子医療センターに収容して診療し、乳児以上の年齢の患児は小児専門病棟で診療を行います。診療各科と協力して、消化器にとどまらず、幅広い外科的疾患を持つ子供たちについて小児に特有な病態生理、心理をふまえた専門医による心の通う診療を目指していますが、最もよくみかけるそけいヘルニアなどの治療、全身麻酔を必要とする検査は、家庭からできるだけ離れないように、日帰り手術システムで診療しています。日本小児外科学会指導医のいる認定施設として神奈川県西部地区を中心とする地域の小児医療の中核をなすよう日々努力しています。

主な対象疾患

 小児外科の受け持ち範囲は呼吸器(気管・肺など)、消化器(消化管・肝臓・膵臓など)、その他の腹部臓器(腎臓・脾臓など)、皮膚軟部組織(皮膚・筋肉など)、泌尿生殖器(腎臓・尿管・膀胱・外陰部など)などで、これらの外科的な病気,腫瘍などを治療します。

日常的な疾患:

鼠徑ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、肛門周囲膿瘍、痔瘻、裂肛、急性虫垂炎、小児慢性便秘

新生児・乳児外科的疾患:

肥厚性幽門狭窄症、腸重積、直腸肛門奇形(鎖肛)、ヒルシュスプルング病、腹壁破裂・臍帯ヘルニア、腸閉鎖・狭窄症、食道閉鎖・狭窄症、胆道閉鎖症、総胆管拡張症、腸回転異常症、横隔膜ヘルニア 小児がん(固形悪性腫瘍):神経芽細胞腫、肝悪性腫瘍、腎芽腫(ウィルムス腫瘍)、横紋筋肉腫など 小児救急疾患:腹部外傷、熱傷、異物誤飲、腸重積、急性虫垂炎、鼠徑ヘルニア嵌頓

主な診療実績

最近5年間の年度毎の入院患児数とそのうちのそけいヘルニア、新生児入院患児数は以下のとおりです。
                 
年度 2012 2013 2014 2015 2016
入院患児数(のべ人数) 363 307 297308289
(うちそけいヘルニア) (158) (127) (126)(137)(131)
(新生児患児数) (16) (19) (17)(14)(14)

図 小児外科入院患者数の推移
図は、小児外科で入院した患者数の開院以来の推移を示します。

医師一覧

身分/医師名 専門分野/特に専門とする領域 専門医資格 外来診療日
教授/
上野 滋
小児外科、小児がん
/鎖肛、Hirschsprung病、慢性便秘 神経芽腫、肝芽腫、ウィルムス腫瘍 胆道疾患
日本小児外科学会指導医・専門医/日本外科学会指導医・外科専門医/(日本小児血液がん学会外科認定医) 月・火・水・土(小児便秘/紹介のみ)
准教授/
平川 均
小児外科、小児救急
/小児消化管機能・頑固な便秘、小児外傷・熱傷の治療、被虐待児ケア
日本小児外科学会指導医・専門医/日本外科学会外科専門医 水(PM・第1、第3)原則再診のみ
助教/
森 昌玄
小児外科
/小児内視鏡手術
外科専門医/日本小児外科学会会員 木・金・土(第1、第5)
助教/
清水 隆弘
小児外科
/小児固形腫瘍、鎖肛
外科専門医/日本小児外科学会会員 土(第3)