薬剤科

概要

薬剤部薬剤科は、「調剤・製剤・放射性医薬品係」、「注射・外来化学療法係」、「病棟業務①係」、「病棟業務②係」、「医薬品情報係」の5つの係りから構成されています。主な業務としては、①内用薬・外用薬の調剤 ②院内製剤(市販されていない薬)の調製 ③放射性医薬品の調製 ④注射薬の調剤と混合調製 ⑤病棟薬剤業務 ⑥薬剤管理指導業務 ⑦医薬品情報業務などがあります。
また、治験事務室や臨床研究事務室、医薬品安全管理室や院内感染対策室、臨床研究監査室などにも薬剤師を配置しています。
更に、栄養サポートチーム、院内感染対策チーム、緩和ケアチーム、褥瘡対策チームや、心臓病、糖尿病、肝臓病、腎臓病などの患者教室にも参加しています。

ご挨拶

我々薬剤部は「薬のプロフェッショナルとして最良の薬物療法を実践します」を理念とし、基本方針の、「①医療安全を確保するため、安心で安全な薬物療法に努めます。②チーム医療の一員として専門性を発揮し、適正な医療に貢献します。③経済性を加味した業務展開により、健全な病院経営に尽力します。④知識や技能の習得・向上を図り、質の高い薬剤師を目指します。」に基づいて業務を行っています。
特に、理念に掲げている「薬のプロフェッショナル」については、スペシャリストやエキスパートに求められる専門的な知識や技術のみではなく、医療人として高い人間性を兼ね備えているプロフェッショナルであることが重要であると考えています。
医療は人の命に関わるものであり、我々薬剤部の職員もその医療に携わる医療人として、専門性の向上のみならず人間性も更に高めて、薬のプロフェッショナルとして最良の薬物療法を実践していきたいと考えています。

薬剤部長
市川 訓