薬剤科

概要

 われわれ薬剤部は「安全・安心」を基本理念とし、病院内で取り扱う全ての医薬品について、患者さんに正しく、安全にご使用いただけるよう様々な業務を行うことです。われわれは、患者さんを中心に考えた医薬品の適正使用を推進し、医療事故の防止、チーム医療と薬物療法に貢献していきたいと考えています。主な業務は、
1)病棟薬剤業務
2)医薬品の供給・管理全般
3)処方箋による調剤
4)注射箋による注射薬調剤・ミキシング
5)抗癌剤レジメン・薬歴等の管理
6)院内製剤(市販されていない製剤)の調製
7)医療従事者および患者さんへの医薬品情報提供
8)入院患者さんへの服薬指導も含んだ薬剤管理指導
9)薬剤科外来
10)薬物治療モニタリング
11)治験薬の管理 などであります。
まず医療安全の取り組みとして、入院時に患者さんが持参する薬を当院の調剤方法に合わせた持参薬鑑別・再調剤を実施し、注射薬では無菌室でのフルミキシング化の拡大、また注射用抗癌剤ではフルミキシングにとどまらず、レジメン審査・登録・薬歴管理など事務局業務やシームレスで、安全で、有効な薬物治療が提供されるように取り組んでいます。更に、服薬指導・薬剤管理指導については、入院患者さんのベッドサイドで行う指導は勿論のこと、外来患者さんに対しても薬剤科外来で同様のサービスを行っております。特に、薬剤科外来では外来診療の効率化、サービス向上を念頭において、薬物治療の初期段階から薬物適正使用の推進に取り組んでいます。
医療制度、患者さんのニーズ、診療内容の変化が急速に進んでいるなか、高度救命救急センター・中央手術室・母子周産期医療センターなどに薬剤師を常駐しています。また薬剤師の全病棟配置も行っいます。緩和ケア、感染制御、栄養サポート、褥瘡対策など病院全体に係わるチーム医療にも積極的に参画し、防災用備蓄では地域自治体などとも連携し、より「患者さん志向の薬学」「医療安全への参画」に対応するため院内の医療サービス部署、地域の薬局・薬剤師会などとも連携し、より質の高い業務を目指しています。

ご挨拶

薬剤部の創設以来の理念は「優しい薬学を目指す」であります。わたくしたち薬剤部職員は、
1)患者さんを笑顔と暖かいおもいやりの気持ち、優しい言葉でおむかえします。
2)患者さん中心の医療を実行し、患者さんの誇り、プライバシーを尊重します。
3)患者さんに「薬」について、わかりやすく説明し、理解を得るように努め、ご意志を尊重します。
4)チーム医療の一員として良質な医療の維持と向上に努めます。
5)災害医療の啓発と災害救援活動に対応できる体制の強化につとめます。
6)東海大学創設者(松前重義)の医学部・付属病院創設の理念「ヒューマニズムと科学の調和をはかり、新しい医療体制の確立をめざす」に基づき質の高い医療を目標として自分を磨き、常に向上進歩することに努めます。

薬剤部長
市川 訓