平成28年度 東海大学医学部付属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 805 603 799 1175 2000 2449 4990 5493 2209 248
当院はがん診療連携拠点病院や高度救命救急センターの指定を受けていることから、日本人が罹患しやすいがん、脳血管疾患、循環器疾患の患者層が多いため、60~70歳代の患者さんが多い構成となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 234 3.60 4.71 0.00% 67.58
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 162 3.19 3.06 0.00% 66.74
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 161 4.00 5.51 0.00% 60.68
050210xx97000x 徐脈性不整脈手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 9.42 11.38 3.13% 77.04
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術s・処置等2なし 副傷病なし 59 3.25 5.85 3.39% 73.41
症例数第1位は、冠動脈インターベンション治療です。最先端の技術を駆使し、良好な成績を収めています。 症例数第2位は心臓カテーテル検査入院です。多くの施設ではこれが第1位なのですが、当院では第2位です。その理由はなぜでしょうか?インターベンション治療が多いのもありますが、心臓カテーテル検査入院が少ないのも大きな理由です。しかしながら心臓カテーテル検査が少ないのではありません。入院して行う検査が少ないのです。我々は2007年より心臓カテーテル検査を外来で行っています。外来診療のためDPC診断群に含まれませんが、入院による患者さんの生活環境の変化や経済的負担が軽減できるという利点があります。これを安全に支えているのが出血を減らすカテーテルの技術と工夫です。より細いカテーテルで腕からカテーテルを行うことは技術的に難しいですが、私たちの努力で安全にできています。外来カテーテル専用の待合が設けられているため、患者さんは日常生活に近い環境でゆったり術後を過ごすことができます。
第3位が頻脈性不整脈経皮的カテーテル心筋焼却術です。虚血性心疾患の治療数に負けずとも劣らない数の不整脈治療を行っています。
第4位は徐脈性不整脈の治療、第5位は閉塞性動脈硬化症の治療と、心臓・血管疾患の治療をバランスよく行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 265 2.45 3.68 0.00% 68.01
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 122 12.45 12.35 1.64% 65.95
040110xxxxx0xx 間質性肺炎手術・処置等2なし 84 19.61 19.92 5.95% 66.92
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 14.51 14.83 25.58% 69.84
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-8あり 32 11.84 12.01 0.00% 64.56
呼吸器内科では、肺癌の検査及び治療(化学療法、放射線療法)のために入院する方が最も多くなっております。肺癌の検査はほとんど外来で行われますが、合併症のリスクがやや高い気管支鏡検査のみは1泊2日入院で行っています。抗がん剤や放射線を用いた治療についても、初回のみは副作用の出現を観察し迅速に対応するために原則10~14日間の入院治療を行い、その後は外来あるいは短期入院で治療を継続しています。肺癌の症状が進行して在宅療養の継続が困難になっての入院では、約25%の患者さんは症状が落ち着いたら、より長期療養が可能なホスピスなどの施設に転院されています。
肺癌の次に多いのが間質性肺炎の悪化に伴う呼吸不全での入院です。この場合は退院後も酸素吸入や免疫抑制剤などの治療を継続する必要があり、転院が必要な患者さんの比率が約6%とやや多くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 182 5.23 11.06 0.55% 71.15
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他の手術あり 手術・処置等2なし 134 7.87 11.74 0.75% 72.36
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 83 6.96 9.02 1.20% 72.75
060360xx01x0xx 慢性膵炎(膵嚢胞を含む。)膵体尾部腫瘍切除術 膵尾部切除術の場合等 手術・処置等2なし 82 3.74 7.87 0.00% 54.13
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 71 3.41 7.31 1.41% 70.03
消化器内科では、胆管結石や胆道癌・膵癌・慢性膵炎といった胆膵疾患に対する内視鏡的診断・治療件数が多くなっています。胆管結石に伴う胆管炎や胆道癌・膵癌に伴う閉塞性黄疸症例では緊急入院症例も多いですが、迅速かつ安全な内視鏡治療(ステント留置や採石)を行うことにより全国平均より短期間の在院日数を実現しています。
また、胃・十二指腸腫瘍に対しては、内視鏡的粘膜切除や内視鏡的粘膜下層剥離術にクリニカルパスを導入することで医療の質向上につとめ平均在院日数の短縮を実現しております。
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病手術あり 手術・処置等2-2あり 24 70.25 41.96 0.00% 47.75
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫手術あり 手術・処置等2-3あり 21 47.71 36.08 14.29% 63.52
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 18 18.22 16.83 11.11% 63.61
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 14 51.57 34.90 14.29% 59.79
130010xx97x6xx 急性白血病手術あり 手術・処置等2-6あり - - - - -
当院では毎年新規に悪性リンパ腫の診断が200例以上あり、全国的にもトップクラスに位置しています。診断時には病理組織検査、細胞表面マーカー検査、染色体検査、遺伝子検査を行い総合的に診断しています。入院症例に関してはすべて血液内科カンファレンスで検査結果・治療法が検討され、患者さんにとって最良の治療法を選択しています。また、再発・難治例に関しても近隣の血液専門医より数多く紹介頂き、臨床治験や造血幹細胞移植を含めサルベージ治療を積極的に行っています。
急性白血病に関しては、緩解導入/地固め療法等の化学療法を積極的に行っています。また難治性・予後不良症例の紹介転院も多く造血幹細胞移植も年々増加傾向にあります。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患手術なし 手術・処置等2なし 55 25.78 17.77 1.82% 51.35
070560xx99x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患手術なし 手術・処置等2-6あり 13 32.85 29.92 0.00% 55.00
040110xxxxx0xx 間質性肺炎手術・処置等2なし - - - - -
070470xx99x0xx 関節リウマチ手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
070560xx97x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患手術あり 手術・処置等2-6あり - - - - -
リウマチ科(リウマチ内科)は、地域における唯一の全身性自己免疫疾患の専門医療機関であり、多臓器障害を有する膠原病・リウマチ性疾患の重症例を受け入れて入院加療しています。特に、急速進行性間質性肺炎、中枢・末梢神経障害、腎不全を合併する症例では高用量ステロイドや複数の免疫抑制薬治療に加え、人工呼吸器、血漿交換、ガンマグロブリン療法など高度の治療が必要であり、入院が長期化する場合がありますが、特殊治療が終了し維持療法に移行しだい、転院を考慮しています。全身性自己免疫疾患に対する最近の強力な免疫抑制薬や分子標的治療薬の使用に伴い、感染症やリンパ増殖性疾患など公開した指標に含まれない症例が増加傾向にあります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 85 18.34 16.54 38.82% 69.32
010230xx99x00x てんかん手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 8.29 7.12 3.92% 54.63
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 26.74 18.76 62.96% 76.52
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー手術・処置等2-4あり 副傷病なし 24 14.58 18.04 12.50% 59.88
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 21.86 16.73 27.27% 70.00
神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉などの疾患を有する患者さんの診療を行っています。救急医療体制が充実している当院では、脳梗塞などの脳血管障害の入院患者数が多くなっており、24時間体制で血栓溶解(t-PA静注)療法・血管内治療・外科的治療を脳神経外科と連携して対応しています。
なお、脳梗塞の診療は「脳卒中地域連携クリティカルパス」を活用し、地域の病院や診療所と連携・協力しながら診療を行っているため、当院を転院した後も患者さんは安心して転院先の施設で継続加療を受けることができます。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 肝臓または尿路の感染症手術なし 副傷病なし 38 15.21 12.43 10.53% 73.89
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 28.30 21.25 30.30% 78.67
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上)手術・処置等2-2あり 32 44.03 34.89 18.75% 75.09
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害手術なし 20 23.25 10.17 15.00% 71.65
080011xx99xxxx 急性膿皮症手術なし 14 20.43 11.97 14.29% 65.64
内科(総合内科)では一般内科診療、感染症診療、集中治療などを中心に行っております。
肺炎や誤嚥性肺炎、尿路感染症、皮膚軟部組織感染症、重症感染症の敗血症などは通年を通して多数診療をしております。
腎内分泌代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 47 4.49 7.58 0.00% 48.13
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 32 8.72 14.77 3.13% 68.63
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群手術なし 手術・処置等2なし 28 9.86 22.67 0.00% 56.82
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 25 6.60 14.61 0.00% 57.96
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 7.25 12.84 4.17% 53.38
腎内分泌代謝内科の症例で多いのは、糖尿病の教育、合併症検査と慢性腎臓病の腎生検、透析導入目的の入院です。その他外来では多数の内分泌疾患にも対応しております。糖尿病、腎臓病ならびに内分泌疾患の専門的な診断、精査、加療が必要な患者さんに対応しております。また、各分野に関連する外科学領域との連携もしております。
移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 2.05 8.87 0.00% 65.16
110320xx99xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他)手術なし 36 2.03 9.57 0.00% 45.92
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 23 11.17 12.65 4.35% 67.57
100220xx03xxxx 原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺腫瘍副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 副甲状腺(上皮小体)摘出術等 13 7.46 8.80 0.00% 58.08
110320xx01xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他)瘢痕拘縮形成手術等 - - - - -
本邦では慢性腎臓病・慢性腎不全が進行し、腎代替療法を選択せざるを得ない状況の患者さんが増加傾向にあります。移植外科としては腎移植を推進していますが、様々な理由で腎移植が不可能で透析療法を余儀なくされることも多いです。血液透析・腹膜透析を選ばれる患者さんにはそれぞれ、透析シャント設置術・腹膜透析カテーテル腹腔内留置術が必要となり、これら透析導入期の透析アクセス関連手術を当科で担当しています。透析シャント設置術に関しては外来手術で行うことも多いですが、患者さんの高齢化で、様々な合併症をかかえている場合には、短期間の入院で行っております。また、手術した透析シャントに関しては長期的に経過をみる必要がありますが、その経過中に不具合が生じ入院が必要な場合には短期間の入院でその修復手術を行っております。症例数に関しては、外来にて行うことも多いため、開示症例数は実際の数より少なくなっております。
当科では、慢性腎不全の透析患者さんに対して、近隣のかかりつけ医としての役割を、当院腎内分泌代謝内科と連携して行っています。
一方、移植外科では腎移植を行っておりますが、移植腎の状態を正確に把握するため、約2日間の短期間の入院で、移植腎生検などを行うこととしております。「腎、泌尿器の疾患」とは、ほとんどがその入院症例数です。
また、慢性腎不全の患者さんの合併症である。腎原発性副甲状腺機能亢進症、及び原発性副甲状腺機能亢進症の患者さんで手術適応がある場合、腎内分泌代謝内科と連携して移植外科にて診療および手術を担当しております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 52 19.98 24.70 3.85% 70.81
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤その他の手術あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 45 21.93 28.23 26.67% 65.87
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 37 21.22 23.36 2.70% 67.51
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2-1あり 36 16.64 21.94 5.56% 71.81
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 32 8.59 16.98 0.00% 78.81
世界標準の心臓血管外科治療を第一の目標に掲げ、狭心症に代表される虚血性心疾患・心臓弁膜症・不整脈等の後天性心疾患、大動脈瘤・大動脈解離を中心とする大動脈疾患、先天性心疾患、閉塞性動脈硬化症を含む四肢・内臓の動静脈疾患を対象とした外科治療を幅広く行っています。
東海大学医学部付属病院は地域救急医療に貢献する使命を果たすという大方針を掲げ、高度救急医療を積極的に行っている施設であり、大動脈や末梢血管の患者さんが多く、そのうち30%以上が緊急手術です。2010年から人工心肺装置を2基並列で使用可能な環境が実現し、緊急例に対しても積極的な開心術が可能となっています。同時に高齢者、術前合併症を有する患者さんに対しては、体に対する負担の少ないステントグラフト内挿術も数多く行っています。また保存療法を行った患者さんを含め年間60例以上の急性大動脈解離症例を治療していますが、その多くが西湘地域の病院から救急車で転院搬送された患者さんです。
近年高齢者の弁膜症も増加傾向であり、特に力を注いでいるのが大動脈基部拡張による大動脈弁閉鎖不全症に対する自己弁温存基部置換術や、僧帽弁形成術(僧帽弁手術の80%に施行、残る患者は殆ど生体弁置換でした)、心房細動に対するMaze手術です。2017年からはハイブリッド手術室が稼働しTAVI(カテーテルによる大動脈弁置換術)も可能となっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 798 2.11 12.35 0.00% 66.72
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-9あり 147 2.06 10.76 0.00% 68.31
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍手術あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 135 7.96 21.29 0.00% 68.41
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 93 2.42 3.68 0.00% 68.99
040010xx99x3xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-3あり 73 3.37 11.76 0.00% 61.75
治療対象疾患は原発性肺癌が最も多く、根治を目指した手術を積極的に行い、再発予防として術後補助化学療法も施行しています。切除が困難な肺癌に対しては化学療法や放射線治療を含めた集学的療法を行っています。
他臓器癌からの肺転移に対してもそれぞれ適応を判断した上で手術を施行しています。
縦隔腫瘍も治療対象で、積極的に手術を行っています。特に縦隔悪性腫瘍に対しては化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 174 10.25 9.82 0.00% 67.84
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 97 15.80 15.92 1.03% 70.42
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2-1あり 64 37.72 38.19 3.13% 67.84
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 58 14.29 17.65 0.00% 69.43
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 55 10.85 20.92 0.00% 68.24
食道の悪性腫瘍:食道癌の治療は「食道癌診療ガイドライン」に準拠して、癌の進行度に応じて、内視鏡的治療、外科治療、化学放射線療法、化学療法を選択します。その際には、患者の全身状態や別の疾患の有無も加味して、最良の治療法を決定いたします。手術以外の治療は化学放射線療法や化学療法を意味しますが、前者は化学療法薬の点滴と放射線治療を同時併用するもので、局所制御効果が高いことが知られています。また、病変が全身に広く広がっている場合には、後者の化学療法が行われます。いずれの治療も効果と副作用を慎重に見極めながら進めていきます。

結腸の悪性腫瘍結腸切除術:結腸癌を主とする結腸悪性腫瘍に対する結腸切除が多い手術方法のひとつになっています。他臓器への浸潤を有する症例、腫瘍の著しく大きい症例、以前に他の腹腔内臓器の腫瘍に対する開腹手術の既往のある症例へは従来通りの開腹手術を行っておりますが、約60%の患者さんには腹腔鏡を用いた傷の小さな開腹手術を行っています。

胃の悪性腫瘍:胃癌の手術後に再発した患者さんの治療は制癌剤による化学療法です。しかし制癌剤の中には吐き気や下痢、倦怠感等が高度に出現する薬剤があります。当科では、このような薬剤を使用する際には入院による治療を行っております。これにより患者さんのQOLが低下しないように努めています。
乳腺内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 122 4.30 6.59 0.00% 58.14
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 108 9.70 10.30 0.00% 59.20
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 66 11.00 11.57 0.00% 55.41
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 11.00 9.39 7.69% 53.69
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍手術あり - - - - -
乳腺内分泌外科では、乳がんに対する乳房の手術目的の入院が9割以上を占めます。その他には進行・再発乳がんの手術以外の治療目的の入院、全身麻酔の必要な良性疾患などがあります。症例数の上位3つは診断群分類番号で分類されていますが、術式が違うだけですべて疾患名は乳がんです。
症例数が最も多いのが、乳房部分切除に加えて、腋窩リンパ節郭清術のかわりに腋窩の転移しやすいリンパ節のみを切除して転移の有無を調べるセンチネルリンパ節生検です。続いて乳房切除(全摘)術とセンチネルリンパ節生検、そして乳房部分切除と腋窩リンパ節郭清術です。
乳がんは女性のがん罹患率の第1位であり、当科は乳がんの診断、治療からターミナルケアまで主体的に関わっています。
当施設は、日本乳癌学会認定施設であり、年間300人を超える乳がん患者さんの手術を行っています。また、全国から進行・再発乳がん患者さんの紹介を受け治療にあたっています。科学的根拠に基づく診療を行うことを原則としており、わが国の乳癌診療ガイドラインの作成に参画しています。個々の患者さんに適した治療法を選択するために乳腺専門医、がん薬物療法専門医、病理診断、放射線診断、超音波診断、放射線治療などの専門家と合同カンファレンスを行っています。さらに、分子標的療法では先駆的立場にあり、新しい治療薬や診療技術の開発に積極的に参加しています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060200xx01xxxx 腸重積腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
060150xx03xxxx 虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - -
14044xxx03x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病鎖肛手術 肛門膜状閉鎖切開等 手術・処置等2なし - - - - -
140390xx01x0xx 食道の先天異常食道狭窄拡張術等 手術・処置等2なし - - - - -
160510xx99x0xx 肝・胆道・膵・脾損傷手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
当科での手術で、最も多いのは、鼡径ヘルニア手術です。年間130症例前後の症例に対し手術を行っていますが、そのほとんどを外来日帰り手術で行っているため表には現れません。他にも、臍ヘルニア、停留精巣は日帰り手術、肛門周囲膿瘍、痔瘻、小児慢性便秘は外来診療で治療しています。
表において多い腸重積症および虫垂炎は小児の代表的外科的疾患で、前者は乳児期、後者は学童期に好発します。直腸肛門奇形(鎖肛)、ヒルシュスプルング病は新生児期に発見される代表的疾患で新生児期に人工肛門を造設する場合としない場合があり、人工肛門の造設の有無によって入院期間が左右されます。他にも、新生児・乳児期には、肥厚性幽門狭窄症、腹壁破裂・臍帯ヘルニア、腸閉鎖症、食道閉鎖症、胆道閉鎖症、総胆管拡張症、腸回転異常症、横隔膜ヘルニアといった多数の稀な疾患の症例の治療にあたっています。
食道狭窄拡張術は先天性疾患である食道閉鎖症術後の難治性の吻合部狭窄例に対して複数回行ったもので、難治性のため在院期間が長くなっています。
当院には救急救命センターが設置されているため、小児外傷症例が入院することがあり、肝・膵・脾損傷は代表的な腹部外傷で多くは手術されずに軽快退院します。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 100 25.44 19.35 57.00% 64.03
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 11.75 9.87 9.09% 74.07
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 36 2.03 3.20 0.00% 62.58
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 12.61 7.52 15.15% 35.09
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤脳血管内手術 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.48 10.24 0.00% 66.22
1番目の非外傷性頭蓋内血腫の代表は、脳内出血で高血圧により脳の細い血管が脆くなって出血する病気です。血圧管理が最も重要ですが、出血が大きい場合は救命のため手術で摘出することもあります。2番目と4番目の頭蓋・頭蓋内損傷は、外傷により脳が傷つく脳挫傷や、脳の表面に出血する急性硬膜下血腫になります。これも出血が大きい場合は手術で摘出します。3番目の未破裂脳動脈瘤手術なしは、動脈瘤の検査入院です。5番目の未破裂脳動脈瘤血管内手術は、破裂していない動脈瘤をコイル塞栓術などで治療することです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 60 20.87 22.55 18.33% 70.75
070180xx97xx0x 脊椎変形手術あり 副傷病なし 45 21.27 20.55 33.33% 36.44
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニアその他の手術あり 40 15.13 17.07 7.50% 40.93
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 40 24.68 24.42 12.50% 63.80
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎その他の手術あり 手術・処置等2なし 37 17.51 17.99 10.81% 69.84
整形外科では、脊柱管狭窄症やすべり症の手術を目的として入院される患者さんが最も多くなっています。脊椎の不安定性を伴う患者さんに対しての手術加療は当院整形外科の特徴のひとつです。年齢とともに腰の痛みだけではなく、歩行時や安静時の下肢の痛みで困っている方が多く居られます。お一人お一人に最も負担が少なく、効果の大きい治療を心がけています。また、当院では救命救急センターを有していることから、高度な外傷の患者さんも多く搬送されます。切断肢の再接着や多発骨折等に対しても24時間専門的に対応できるスタッフを有していることから、直接の搬送に加えて近隣から転院搬送される患者さんも多いのが実情です。また、股関節外科、膝関節外科、それぞれを専門とする医師も在籍しており、これらの人工関節や骨切り術等が必要な多くの患者さんが受診され、またご紹介頂いています。大学病院であることから、重篤な合併症を有する患者さんも多く入院されますが、他科との連携のもと安全かつ患者さんに喜びを与える治療を目指しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂手術あり 手術・処置等2なし 51 2.37 3.44 0.00% 70.57
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 49 7.82 9.91 0.00% 5.67
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 41 5.90 5.80 0.00% 30.29
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 32 8.50 7.91 0.00% 50.84
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 23 4.57 4.28 0.00% 41.26
当科では小児先天異常(唇顎口蓋裂、小耳症、頭蓋骨早期癒合症、合多指症など)、顎顔面外科、皮膚腫瘍、外傷(顔面外傷、熱傷)、乳がんや頭頸部がんの切除後再建、レーザーを用いたあざ治療など、形成外科領域の疾患をほぼ網羅した診療を行っています。特に唇顎口蓋裂、顎変形症手術、顔面骨骨折をはじめとした顎顔面外科治療は開院当初から積極的に治療に取り組んでおり症例数が多い要因と考えています。
眼瞼下垂は老人性眼瞼下垂症の手術の普及、啓蒙により、近隣眼科からの紹介が増え患者数が上昇しています。乳房再建は人工乳房(シリコンゲルインプラント)の保険適応により患者数は年々増加傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 8.54 6.18 1.59% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)手術なし 手術・処置等2なし 33 17.61 11.55 0.00% 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)手術なし 手術・処置等2-2あり 32 33.03 27.30 0.00% 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 9.05 5.79 0.00% 6.57
130010xx97x2xx 急性白血病手術あり 手術・処置等2-2あり 18 87.61 41.96 0.00% 7.17
総合周産期母子医療センターとして、早産、低出生体重児を中心に診療を行っているため、入院患者に占める割合は、これらの患者さんが多くなっています。
低出生体重の児では在院日数が増加しますが、長期的な発達予後の改善を目指し栄養状態の改善をはかり、早期退院を促していく予定です。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常子宮全摘術等 97 8.85 9.88 0.00% 35.57
120170xx01x0xx 早産、切迫早産子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 76 44.11 32.16 0.00% 33.13
120170xx99x0xx 早産、切迫早産手術なし 手術・処置等2なし 42 31.55 20.79 9.52% 32.40
120260xx01xxxx 分娩の異常子宮破裂手術等 33 6.94 9.77 0.00% 34.64
120160xx01xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患子宮破裂手術等 21 14.05 14.03 0.00% 35.81
当科は神奈川県の周産期母子医療を担う総合周産期母子医療センターとしての役割を有し、重症例を多く受け入れているため、胎児及び胎児付属物の異常に関わる疾患が多くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 275 3.63 5.12 0.00% 55.37
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 102 5.01 6.29 0.00% 42.89
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 88 4.74 20.81 0.00% 56.33
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 78 3.00 4.92 0.00% 58.40
120100xx01xx0x 子宮内膜症子宮全摘術等 副傷病なし 68 6.03 7.92 0.00% 38.22
当科では悪性腫瘍(婦人科)患者数が全国でもトップレベルとなっています。該当する地区において悪性腫瘍を扱える施設が少なくなっている背景があります。婦人科腹腔鏡は技術認定医が在籍する施設であるため適応疾患の数が増えています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性手術なし 手術・処置等2-4あり 180 2.00 2.49 0.00% 71.99
020160xx97xxx0 網膜剥離手術あり 片眼 174 7.85 10.53 0.00% 55.14
020220xx97xxx0 緑内障手術あり 片眼 118 8.97 9.15 0.00% 65.97
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。)手術あり 92 3.57 3.36 0.00% 18.12
020240xx97xxx0 硝子体疾患手術あり 片眼 66 7.09 7.01 7.58% 62.32
手術症例を中心に診療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 25 6.60 8.78 0.00% 76.00
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - - - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - - - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等2なし - - - - -
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
当科では、頭頚部を含む全身の皮膚悪性腫瘍切除を、比較的高齢者であっても積極的にとりおこなっております。また、全身治療を要する紅斑症は入院で治療しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 130 4.86 7.44 0.00% 72.72
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 86 8.62 13.39 0.00% 67.01
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等経尿道的レーザー前立腺切除術 61 5.49 7.78 0.00% 70.93
11001xxx01x0xx 腎腫瘍腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 38 9.47 12.52 2.63% 62.08
110070xx99x20x 膀胱腫瘍手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 27 16.67 11.72 0.00% 68.67
泌尿器科では膀胱癌に対する経尿道的手術を目的に入院される患者さんが多くなっています。次いで多いのが前立腺癌に対する手術支援ロボットを用いた腹腔鏡手術、そして前立腺肥大症に対するレーザーを用いた経尿道的手術です。前立腺疾患は増加傾向であり、身体にやさしい手術を安全に行っています。さらには腎悪性腫瘍に対する手術も積極的に行い根治性を高めています。そのほとんどの手術で全国平均より短い入院期間での治療が可能です。
救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)手術・処置等2なし 副傷病なし 178 3.26 3.64 15.17% 39.62
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 87 7.67 7.52 9.20% 48.97
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 10.40 9.87 17.46% 62.68
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害 39 2.41 5.58 0.00% 69.77
161070xxxxx10x 薬物中毒(その他の中毒)手術・処置等2-1あり 副傷病なし 22 7.59 6.93 18.18% 44.36
1位と5位の薬物中毒で入院される患者さんの多くは複数の医薬品を一度に大量摂取する過量服薬でした。最近は急性カフェイン中毒の増加が特徴的です。5位の手術処置等ありは薬物中毒によって意識障害を呈し、気管挿管や人工呼吸管理が必要としたものです。いずれも数日で回復されています。
2位と3位の頭蓋内損傷の受傷機転は転倒転落や交通事故などです。頭部打撲や脳振盪などは意識障害や失神のために経過観察を行っています。手術を行っている症例のほとんどは頭皮や顔面の開放創(切り傷など)に対して縫合を行ったものです。
4位の自律神経系の障害の全症例が失神でした。失神の原因は急性アルコール中毒やくも膜下出血や脳梗塞の後遺症、不整脈やペースメーカーのトラブルといった心原性のものがあります。なかには原因不明の失神に対しての精査経過観察目的で入院となった患者さんもいます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x3xx 頭頚部悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-3あり 80 7.20 37.93 0.00% 62.98
03001xxx01000x 頭頚部悪性腫瘍頚部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 11.42 14.06 0.00% 64.76
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 62 5.26 7.47 0.00% 54.97
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍手術あり 55 6.60 7.75 0.00% 54.05
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫鼓室形成手術 54 7.94 9.36 0.00% 42.98
耳鼻咽喉科では県内でもトップクラスの症例数の頭頚部癌患者さんを診療しています。そのうち手術を伴わない放射線化学療法の患者さんも多く治療しており、臓器機能の温存を図りつつ治療成績の向上を目指しています。その平均在院日数は1週間程度と短く、短期間の入院と外来治療のバランスを上手くとっています。また頭頚部癌患者の手術件数も多く、拡大切除とともに形成外科との協力体制による組織再建を数多く行い、手術後の生活の質(QOL)を高く保つことを目標にしています。同時に内視鏡を用いた低侵襲治療の開発にも取り組んでおり、こちらも在院日数の短縮に寄与しています。
良性疾患では、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下の鼻内手術を数多く行っています。精度の高い技術により、高い治療成績と合併症の少ない手術を患者さんに提供しています。安全で正確な手術を行うため、最新のナビゲーションシステムを使用して手術を行っています。
また、良性の頭頚部腫瘍も数多く扱っており、摘出手術においては神経麻痺などの副損傷をさけて安全に行っています。入院期間も6日程度と短い傾向にあります。
慢性中耳炎、比較的限局した中耳真珠腫では、不必要な骨削開を避け、低侵襲な手術を目指しています。手術後の再発や病気が広く進展している場合、多数の既往症をもつ患者さんに対しても、院内他科と連携し、積極的に手術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 156 18 45 70 40 第7版
大腸癌 97 64 79 57 80 第7版
乳癌 128 144 22 38 第7版
肺癌 643 269 222 200 523 第7版
肝癌 35 31 19 14 131 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当施設はがん診療連携拠点病院であり、1年間に受診されるがん患者さんの総数は県内でもトップクラスです。このデータは入院の医療費データベースを基に作られており、入院の延べ回数がカウントされています。例えば1人の患者さんが治療のために月に1回入院した場合は12回カウントされることになります。当施設では肺がんの化学療法を入院で行っているので、肺がんの症例数が多くなっています。初発の肺がん患者数とは異なるため注意が必要です。
当施設で重複して登録された患者さんを除いて解析した初発の患者数を下記に示します。肺がんは呼吸器内科と呼吸器外科が診療にあたり、診断、胸腔鏡を含む手術、薬物療法を行っています。
胃がん、大腸がん、肝がんは消化器内科、消化器外科が診療にあたり、診断、内視鏡治療、手術、薬物療法を行っています。
乳がんに対しては乳腺内分泌外科が診療にあたり、診断、手術、薬物療法を行っています。
放射線治療に関しては放射線治療科が担当し、各診療科と連携を取りながら行っています。
がん診療連携拠点病院として、専門的ながん医療の提供、地域における診療施設間の連携、がん患者さんに対する相談支援及び情報提供、がん登録システムへの情報提供に取り組んでいます。

【参考】
重複削除済みデータより算出した実患者数
・胃癌(Ⅰ:138、Ⅱ:18、Ⅲ:19、Ⅳ:32、不明:2、再発:24、総計:233)
・大腸癌(Ⅰ:87、Ⅱ:51、Ⅲ:62、Ⅳ:49、不明:2、再発:60、総計:310)
・乳癌(Ⅰ:124、Ⅱ:137、Ⅲ:22、Ⅳ:8、不明:2、再発:34、総計:327)
・肺癌(Ⅰ:166、Ⅱ:58、Ⅲ:66、Ⅳ:112、不明:6、再発:162、総計:574)
・肝癌(Ⅰ:35、Ⅱ:26、Ⅲ:16、Ⅳ:11、不明:2、再発:92、総計:182)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 13.81 58.63
中等症 61 17.82 71.37
重症 37 25.59 78.73
超重症 27 30.38 81.14
不明 - -
肺炎で入院が必要となるのは一般には中等症以上の場合ですが、他の疾患やその治療のために免疫機能が低下している場合、肺あるいは他の臓器に重い病気を合併している場合などでは軽症肺炎でも入院して治療を行う場合があります。軽症~中等症の肺炎は2週間程度の抗菌薬治療で回復し、退院できます。より重症の肺炎では、呼吸不全(酸素吸入が必要な状態)の長期化や肺あるいはその他の臓器の合併症などによって、入院期間が長くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 31 10.00 67.84 6.25%
その他 11.00 22.00 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内      
その他      
I63$ 脳梗塞 3日以内 304 27.44 73.08 50.16%
その他 11 25.55 70.91 1.90%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 4.00 73.50 0.00%
その他 23 7.22 74.35 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内      
その他 13.00 61.00 0.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 32.50 53.00 8.33%
その他 10 17.30 33.30 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内      
その他      
最も多い疾患は発症3日以内の急性期脳梗塞です。血栓溶解療法や血管内治療を積極的に行い、後遺症を最小限にすべく診療にあたっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 186 1.48 1.70 0.5% 68
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 103 1.08 2.13 0.0% 63
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 70 0.14 7.11 1.4% 67
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 67 0.97 1.28 3.0% 73
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 60 3.53 7.15 3.3% 77
第1位は経皮的冠動脈ステント留置術です。現在使用されている第二世代薬剤溶出性ステントは長期成績も良好で冠動脈治療の多数を占めますが、その他にロータブレーターやレーザー治療も行っています。平均在院日数が前2日、後2.8日ですが、中央値は前1日、後1日であり、通常は2泊3日で治療を行います。重症例を多く扱っており、他院からの転院や紹介入院も多く治療をてがけています。重篤な例で入院期間の長い例が平均値を長くしています。
第2位と第3位は、心筋焼却術です。不整脈治療についても積極的におこなっています。虚血性心疾患の治療と不整脈治療を幅広く最先端の治療を提供しています。
急性冠症候群の症例数も多く第3位に入っています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 13 3.15 7.00 23.1% 59
K509-2 気管支肺胞洗浄術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
生命に関わるほど大量の喀血をきたした際には、気管支動脈をコイルなどで詰めるカテーテル治療が有効です。また、肺の動脈と静脈の一部が直接繋がった肺動静脈瘻という病気にも同様のカテーテル治療が行われています。呼吸器内科では、放射線診断科と協力してこのような血管内治療を行っています。
肺胞蛋白症という稀な病気では、肺の中に老廃物が貯まってしまうために呼吸に支障をきたします。この病気に対しては、気管支肺胞洗浄術という気管支鏡治療を行っています。
また、呼吸器疾患のため長期入院や集中治療が必要となった患者さんに、人工呼吸を継続するための気管切開術や栄養補給を行うための胃瘻造設術、胃潰瘍が生じたときのための内視鏡的消化管止血術を行うことがあります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 304 0.12 1.25 0.0% 68
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 162 0.81 3.23 1.2% 71
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 118 1.04 5.55 0.8% 73
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 84 1.42 8.42 0.0% 57
K6532 内視鏡的胃十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 78 0.90 5.28 1.3% 73
消化器内科は、消化器チーム、肝臓チーム、胆膵チームに分かれ高い専門性をもって診療にあたっています。消化管チームでは、大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術を基本1泊2日の入院で行っております。早期胃・十二指腸悪性腫瘍に対しては、内視鏡的粘膜切除や内視鏡的粘膜下層剥離術による治療を積極的に行っております。
胆膵チームでは、胆道癌・膵癌や胆管結石などの胆膵疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術を、肝臓チームでは肝細胞癌に対する選択的動脈化学塞栓術を短期間の入院で行っております。
血液腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 14 24.43 19.07 7.1% 56
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
K9212イ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(同種移植の場合) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
当院は平成26年度から造血幹細胞移植推進拠点病院に認定されています。
骨髄バンクの依頼でドナー骨髄採取を積極的に行っています。
また、当院・関連病院を含め、悪性リンパ腫や多発骨髄腫の難治・再発例に対して緩解導入後に自家移植併用の大量化学療法を行っています。末梢血幹細胞採取は当院でのみ行うため症例数も多くなっています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 17 1.71 26.29 70.6% 74
K386 気管切開術 - - - - -
K609-2 経皮的頚動脈ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
神経内科では脳血管障害、パーキンソン病、変性疾患を中心とした経口食事摂取の困難な患者さんに胃瘻造設を行っています。
脳血管障害、重症筋無力症などの患者さんでは気管切開を行っています。
内頸動脈狭窄患者では、充分な脳血管系の評価の上で、経皮的頚動脈ステント留置術を施行しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -
内科(総合内科)では感染症診療、集中治療などを主に行っておりますが、誤嚥性肺炎の患者さんなどは入院を契機に経口からの食餌摂取が困難となり、やむを得ず胃瘻造設が必要となるケースも認められます。
また、重症肺炎などで長期間人工呼吸器が必要となるケースも気管切開術が必要となったり、尿路感染の中でも尿の通り道を閉塞するような病気が認められる場合は尿管ステントの留置術が必要となります。
内科では専門の各科と協力して、侵襲的な手術が必要となるケースにおいては基本的には各専門家に手術手技をお願いして、安全な医療を提供していきます。
腎内分泌代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 35 17.06 12.54 2.9% 64
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
上記これらが腎内分泌代謝内科の指標に挙がっている理由は、当科に入院中に血液透析導入、虚血性心疾患の合併などを生じたため、移植外科、循環器内科で行われた処置です。移植外科でも同様の処置が行われているため、そちらの解説文もご参照下さい。
移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 56 0.66 2.98 1.8% 66
K4641 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術(副甲状腺(上皮小体)摘出術) 15 1.33 5.60 0.0% 60
K4642 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術(副甲状腺(上皮小体)全摘術(一部筋肉移植)) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
慢性腎不全の状態で血液透析療法を選択された患者さんは、透析アクセス手術(内シャント設置術、人工血管移植術)が必要です。血液透析を導入する患者さんの増加に伴い、その手術数も増加しております。外来手術でも行いますが、短期間の入院でも行っております。また血液透析を余儀なくされている患者さんにとって、良好な透析シャントは必要不可欠です。しかし繰り返し行わなければならない血液透析においては、透析シャントの不具合(シャント狭窄・閉塞、シャント動静脈瘤、シャント静脈高血圧など)を合併することも珍しくありません。移植外科では、そのような患者さんの修復手術を担当しております。ほとんどの血管拡張術は外来で行い、また腎内分泌代謝内科の所属のまま行うことも多いため開示された手術症例数に関しては実際の手術数より少ない数となっています。
腎移植をうけることが不可能な慢性腎不全患者さんは、長期間の透析を余儀なくされますが、長期透析の合併症の中で重要なものが、副甲状腺機能亢進症です。高度な副甲状腺機能亢進症に対しては手術(副甲状腺摘出術)が必要です。透析患者さんの外科的合併症には透析療法の専門的知識が必要で、この手術は移植外科が担当しております。また、腎不全でない患者さんが対象の原発性副甲状腺機能亢進症に対しても同様に副甲状腺腺腫過形成手術(副甲状腺摘出術)を当科で担当しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 46 2.59 9.09 6.5% 71
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上のもの) 46 4.41 25.54 6.5% 69
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 44 2.11 16.16 6.8% 71
K5551 弁置換術(1弁のもの) 33 3.76 21.45 9.1% 75
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈)(その他のもの) 29 0.10 26.76 48.3% 69
2015年の手術件数は500件余りで、人工心肺使用開心術が215例、胸部大動脈手術の症例数が計113例、腹部大動脈手術が90例、末梢血管手術が113例でした。手術手技では冠動脈バイパス手術が79例、弁形成もしくは弁置換手術が82例、胸部大動脈の人工血管置換術もしくはステントグラフト留置術が113例と、代表的な疾患に対する手術がほぼ均等に行われているのが特徴と思います。
私達が特に力を注いでいる領域は、虚血性心筋症に対するドール手術などの左室形成術、大動脈基部拡張による大動脈弁閉鎖不全症に対する自己弁温存基部置換術、僧帽弁形成術(僧帽弁手術の80%に施行、残る患者さんは殆ど生体弁置換でした)、大動脈瘤に対するステントグラフト留置術(胸部35例・腹部43例に施行)などです。
2017年からはカテーテル治療と外科手術の双方を同一手術室で、いわゆるハートチームとして行うことのできるハイブリッド手術室が稼働しています。将来、地域医療にさらなる貢献を果たせるものと考えています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 94 2.30 4.50 0.0% 68
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 47 2.74 3.32 2.1% 29
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 33 2.36 5.03 0.0% 68
K502 縦隔腫瘍、胸腺摘出術 15 2.93 3.60 0.0% 57
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 12 2.50 4.75 0.0% 53
原発性肺癌や転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、自然気胸などに対して胸腔鏡を用いた手術を積極的に行っており、胸腔鏡下手術の割合が高くなっています。進行した原発性肺癌に対しても根治を目的とした拡大手術を行っています。
縦隔腫瘍に対する手術も多く、症例に応じて胸骨正中切開手術や胸腔鏡下手術を行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 74 4.54 20.22 4.1% 69
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 55 1.25 3.04 0.0% 70
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 54 2.19 12.43 0.0% 70
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作によるもの) 45 2.60 35.89 2.2% 67
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 43 1.02 2.26 0.0% 60
結腸切除術・腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術:結腸癌を主とする結腸悪性腫瘍に対する結腸切除が多い手術方法のひとつになっています。他臓器への浸潤を有する症例、腫瘍の著しく大きい症例、以前に他の腹腔内臓器の腫瘍に対する開腹手術の既往のある症例へは従来通りの開腹手術を行っておりますが、約60%の患者さんには腹腔鏡を用いた傷の小さな開腹手術を行っています。

ヘルニア手術(鼠径ヘルニア):鼠径ヘルニアは高度な医療資源が充実している大学病院ゆえ、多くの合併症を伴う患者さんの手術も各科と連携して対応しています。またクリニカルパスを用いて無駄のない治療を行っています。

腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術(両側):鼠径ヘルニアの腹腔鏡下手術は 2012年から導入し、これまで再発を含めた重篤な合併症は生じていません。創が小さく疼痛も少ないため美容面に優れ、日常生活に早く戻れます。
乳腺内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの)) 123 1.17 2.13 0.0% 58
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 80 1.08 6.51 0.0% 61
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 32 1.41 7.50 0.0% 58
K476-31 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)(一次的に行うもの) 27 1.00 15.15 0.0% 53
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) 18 1.00 6.06 0.0% 56
乳腺内分泌外科では、乳がんに対する手術である乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検が集計対象手術の約1/3を占めています。近年、乳房部分切除術(乳房温存術)の割合が低下しています。その原因として、術前MRIによる病変の広がり診断の精度向上、他部位の病変の発見率向上、乳房再建の普及、インプラントの保険適応などが挙げられます。当施設では患者さんの状態に合わせて乳房部分切除術、乳房切除術、また形成外科と協力して1期的乳房再建も積極的に行っています。
基本的には手術日の前日に入院をお願いしていますが、抗凝固療法や併存疾患の周術期管理のため、手術前にさらに時間を要する場合もあります。
入院日数は
乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検で約4日
乳房切除術+(センチネルリンパ節生検or腋窩リンパ節郭清)で約8~9日となっています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼡径ヘルニア) 12 0.50 1.00 0.0%
K634 腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K735 先天性巨大結腸症手術 - - - - -
当科の手術で最も多いものは、鼡径ヘルニア手術で年間130症例前後の症例に対し手術を行っていますが、ほとんどを外来日帰り手術で行っているため表には現れません。女児で腹腔鏡下手術を希望する例、乳児早期例や喘息などを合併する症例では、手術当日入院・手術翌日退院のスケジュールで治療しています。
表において多い腸重積症および虫垂炎は小児の代表的外科的疾患で、前者は乳児期に多く手術せずに非観血的に注腸整復しています。後者は学童期に好発しますが、手術はより侵襲の少ない腹腔鏡下にて行っています。
ヒルシュスプルング病に対する先天性巨大結腸症手術は、代表的な新生児期に発見される小児外科疾患で、この他にも、肥厚性幽門狭窄症、直腸肛門奇形(鎖肛)、腹壁破裂、臍帯ヘルニア、腸閉鎖症、食道閉鎖症、胆道閉鎖症、総胆管拡張症、腸回転異常症、横隔膜ヘルニアといった多数の稀な疾患の手術が行われています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 82 2.48 30.17 43.9% 63
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 63 0.86 9.86 12.7% 76
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 55 2.13 25.91 12.7% 56
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 22 0.41 33.27 31.8% 59
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 18 0.11 46.94 88.9% 61
1番目の脳血管内手術では、主に脳動脈瘤のコイル塞栓術を行っています。脳動脈瘤の治療は、以前からある開頭手術によるクリッピング手術と血管内手術によるコイル塞栓術が代表的で、当院では個々の患者さんごとに最も良い治療を選択していずれかを行っています。結果として脳血管内手術が増えています。2番目の慢性硬膜下血腫は軽い外傷のあとで麻痺などが出現して見つかる疾患ですが、高齢化に伴い手術数も増加しています。3番目の頭蓋内腫瘍とは、脳腫瘍の手術症例ですが、当院ではMRI一体型の手術室があり、手術中にMRIを撮影して確認することで、良好な腫瘍の摘出率を得ていることが特長です。4番目の脳動脈瘤クリッピングは脳動脈瘤に対して頭をあけて手術することです。血管内手術と患者さんごとに比較し、最適な方法で治療を選択しています。5番目の頭蓋内血腫除去術は主に脳内出血を除去することです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 84 2.04 22.15 19.0% 68
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 71 3.10 17.28 23.9% 66
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿・前腕) 62 1.18 2.19 0.0% 43
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 41 4.95 21.07 43.9% 59
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 40 3.80 23.53 50.0% 67
整形外科では、社会の高齢化の進行とともに、加齢に伴う疾病に対する手術が増えてきています。特に軟骨のすり減りによる変形性関節症は歩行をはじめとする体の動きに痛みを伴い多くの患者さんを苦しめています。軟骨の痛みが激しい変形性関節症患者さんに対してもエビデンスに基づく治療方針のもと、人工関節置換術が選択され、良好な結果を得ています。手術では低侵襲手術と早期のリハビリ開始をこころがけていることから、平均在院日数も全国平均よりも短くなり早期の社会復帰を目指しています。また、脊椎手術では、術前に十分な画像診断を行い患者さんの愁訴と身体所見を総合的に判断して適切な術式とリハビリの選択が重要であることから、手術の2−3日前に入院いただきますが、術後はほとんどの方が2週間で抜糸を行い、その後に自宅に退院されています。多くの方は退院後の特別なリハビリを必用としませんが、御高齢等で継続的なリハビリが必用と判断された場合には、病診連携を通じて専門的なリハビリ病院との早期社会復帰に向けた連携もスムーズに行われています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 49 0.12 1.24 0.0% 70
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 29 1.17 6.17 0.0% 50
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む。) 22 1.27 4.27 0.0% 30
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.94 13.00 0.0% 72
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径4cm以上) 15 0.80 3.33 0.0% 44
当科では形成外科領域の疾患をほぼ網羅した診療を行っています。近年はゲル人工乳房を用いた乳房再建が保険適応となり増加しています。眼瞼下垂手術は短期入院あるいは日帰り手術で対応しています。術後経過が安定している患者さんは抜糸などの処置を外来で行わせていただくことで在院日数の減少に努めています。下顎骨形成術は、良好な咬合だけでなくバランスのとれた顔貌が得られる様プランニングしています。眼窩骨折は複視や眼球陥凹の症状がある患者さんに対し、積極的に手術を行い、良好な結果を得ています。高齢化に伴い皮膚悪性腫瘍患者さんは増加傾向にあり、切除後の機能、整容面を考慮した再建手術を行っています。全身麻酔が必要な良性腫瘍の患者さんは短期入院で手術を行っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 138 18.31 5.03 0.0% 35
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 112 13.04 5.73 0.0% 34
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) - - - - -
当科は総合周産期母子医療センターとしての役割を担っているため、正常の経腟分娩が望めない、また、そのリスクが高い症例を多く受け入れており、帝王切開に関わる疾患が多くなっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 130 0.98 3.27 0.0% 39
K877 子宮全摘術 121 1.22 7.31 0.0% 56
K879 子宮悪性腫瘍手術 73 1.00 9.00 0.0% 57
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 72 1.00 3.21 0.0% 49
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 54 0.98 3.02 0.0% 38
婦人科良性疾患でも手術を適応とする患者紹介が増えています。中でも腹腔鏡での手術が可能な症例を多く取り扱っています。背景には患者さんにとって有益な治療(手術)法を選択できる体制を病院が作っているということが挙げられます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 866 0.05 1.01 0.1% 72
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 239 0.85 5.97 1.7% 61
K2422 斜視手術(後転法) 79 0.81 1.81 0.0% 17
K2683 緑内障手術(濾過手術) 66 1.29 9.70 0.0% 65
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 55 0.78 4.62 3.6% 64
白内障手術はもちろんのこと、硝子体手術、斜視手術、緑内障手術等多くの手術を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除(単純切除) 37 0.19 5.78 0.0% 75
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上、4cm未満) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K019 複合組織移植術 - - - - -
当科では悪性・良性の皮膚腫瘍の切除を短期入院でとりおこなっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 122 1.20 2.38 0.0% 72
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 84 1.00 6.61 0.0% 67
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 64 1.30 11.31 1.6% 71
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 45 1.40 7.51 2.2% 65
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 36 5.61 6.33 11.1% 67
泌尿器科で最も多い手術は膀胱癌に対する経尿道的手術です。最近は術中内視鏡視野確保のため使用するのは生理食塩水で、より安全な手術が可能です。次に多いのは前立腺癌に対する手術で、そのほとんどは手術支援ロボットを用いた腹腔鏡手術で患者さんへの身体的負担が少ない上に早期回復をもたらす精緻な手術です。3番目に多いのは前立腺肥大症に対するホルミウムレーザーを用いた経尿道的手術で出血が少ないのが特徴です。4番目は腎悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術です。当科には熟練した腹腔鏡技術認定医が6人在籍しており、癌の根治性を高めつつ安全に手術を行っています。
救命救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 28 10.07 46.46 78.6% 76
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 22 7.55 21.95 59.1% 51
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 21 8.48 41.00 76.2% 68
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 17 0.00 28.82 41.2% 50
K0462 骨折観血的手術(下腿・手舟上骨・前腕) 15 5.07 23.33 73.3% 48
1位の気管切開術は蘇生後脳症や肺炎など内因性の傷病だけでなく頭部外傷後の意識障害など外因性の傷病が原因で長期呼吸管理を必要とする場合に施行されます。
2位と5位の骨折観血的手術や3位の脊椎固定術の受傷機転は両者とも交通事故や転倒転落です。転倒転落による骨折は高齢者に多い傾向でした。
4位の血管塞栓術は交通事故などによる骨盤骨折や肝・脾損傷など外傷に対して行う場合やや特発性副腎出血や腹腔動脈瘤など内因性の疾患に対して行う場合があります。
交通事故や転倒転落で搬送され、手術を必要とされる患者さんの中には骨折や重要臓器損傷などが複合的に認められる重症例も多く見受けられますが、ほとんどの患者さんは転院や自宅退院といった転帰となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 66 2.33 5.61 0.0% 46
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1.53 5.47 0.0% 22
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 48 1.06 5.21 2.1% 54
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 31 1.23 4.58 0.0% 55
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 30 0.57 1.43 0.0% 10
慢性中耳炎や比較的限局した中耳真珠腫では、不要な乳突(骨)削開を避け、経外耳道的(耳の孔経由)な操作を行うことで、低侵襲手術を目指しています。
習慣性扁桃炎、扁桃病巣感染症、睡眠時無呼吸症候群に対し、両側口蓋扁桃摘出術を行っています。精度の高い技術により出血、疼痛の少ない手術を行っています。入退院センターと連携を行い、手術前日に入院し、平均在院日数は1週間程度と短くなっています。また扁桃手術は退院後の出血も見られるため、退院後の食事指導や、出血時の対応を入院中に詳しく指導し、不安を取り除いた上で退院としています。
慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術は、クリニカルパスを使用した5日間という短い入院期間で行っております。従来のようなガーゼではなく、抜去不要な止血剤を使用することで、患者さんの負担を軽減しています。
耳下腺腫瘍手術では腫瘍のすぐ近くを走行する顔面神経を損傷することなく温存することが、治療後の患者さんのQOL(生活の質)に直結する大きな課題です。当科では、県内でもトップレベルの手術件数であり、近隣病院からの紹介も多くなっています。術後の顔面神経障害は極めて軽度、かつ低頻度に抑えられています。
滲出性中耳炎、反復性中耳炎に対して鼓膜チューブ挿入術を行っております。成人の場合は外来で局所麻酔下に手術を行いますが、小児の場合は全身麻酔下に行っております。術後に問題ない場合は日帰り手術とし、患者さんの負担を軽減しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.01%
異なる 12 0.06%
180010 敗血症 同一 65 0.31%
異なる 25 0.12%
180035 その他の真菌感染症 同一 0.01%
異なる 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 183 0.88%
異なる 12 0.06%
DPC/PDPSにおいて、播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症といった分類での請求は、留意すべき分類とされています。その理由は、これらの分類は高額な薬剤を使用したが、臨床的根拠はない、あるいは最も医療資源を投入したとは考えにくい合併症など、本来の主病名とはかけはなれた、不適切な診療報酬請求であると疑われかねない分類であるためです。しかし、これらの疾患は稀なものではなく、この集計はあくまで医療資源を最も投入した病名として選択した場合の集計であり、実際の発生率ではありません。当院の結果は手術・術後の合併症以外は、全国平均と比較して割合が少ない傾向ですが、手術・術後の合併症は、割合が少し高い結果となっています。
該当症例を分析したところ、主に透析シャントトラブルや眼内人工レンズの脱臼、吻合部狭窄など、以前受けた手術に対し、経年変化等で合併症を起こしたものがほとんどという結果でした。しかし、手術後に縫合不全や感染症、後出血等を合併した(入院期間が長くなったり、再手術を要した)事例や、手術後一旦退院した後や外来処置時に出血を起こして緊急入院となった事例も若干ありました。
合併症は臨床上ゼロにはなり得ないものの、当院では医療安全対策の一環として、合併症事例の収集と分析を行う体制を構築し、重症事例の検証を行うなど、合併症をさらに減らせる様に改善に向けて努力しております。

播種性血管内凝固(DIC)とは
様々な基礎疾患に合併して凝固系が亢進し、全身の細小血管内に微小血栓が多発して臓器障害が起こる病態。これに伴って凝固因子、血小板が大量に消費されて減少し、また線溶系も亢進するため出血症状をきたす。原因となる基礎疾患には悪性腫瘍、敗血症が多い。【引用元:医療情報科学研究所 メディックメディア病気がみえるVol.5 血液】

敗血症とは
細菌感染によって引き起こされる全身性炎症反応(SIRS)【引用元:医療情報科学研究所 メディックメディア 病気がみえるVol.5 血液】