個人情報開示について

個人情報開示とは

当院では、患者さんの人格尊重のもと、プライバシー保護および診療に支障が生じないことを確認した上で、個人の権利利益を保護する目的で個人情報(カルテなどの保有個人データ)開示を行っています。

開示の請求を行うことができる方

  • 患者本人
  • 法定代理人,任意後見人,患者本人から代理権を与えられた親族およびこれに準ずる者
  • 患者が成人で判断能力に疑義がある場合は、現実に患者の世話をしている親族およびこれに準ずる者
  • 患者が死亡している場合は3親等以内の親族およびこれに準ずる者

本人確認のための必要書類等

  • 運転免許証、旅券(パスポート)、写真貼付の身分証明書、健康保険被保険者証明書等
  • 患者が死亡している場合は、患者との関係がわかる書類(戸籍謄本の写し)

ご用意いただくもの

  • 患者が満15歳未満の場合は、患者との関係がわかる書類(戸籍謄本の写し)
  • 患者本人以外の方が請求する場合は、委任状もしくは同意書等
  • 印鑑

開示の制限について

原則として、全ての個人情報を開示いたしますが、次のいずれかに該当する場合は、全部または一部を開示できない場合があります。

  • 本人または第三者の生命、身体または財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • 15歳以上の未成年患者で意思表示の障害など合理的判断が困難な場合を除き、親権者からの申請であっても、患者本人が開示を拒否している場合
  • 当院の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • 法令に違反することになる場合
  • 他の医療機関からの紹介状等で得た情報で、開示の了解が得られなかった場合

相談・手続き方法

  • 相談窓口 総合相談室(電話番号0463-93-1121(代表) 内線:6141)
  • 問い合わせ先 病院事務部診療情報管理課 (電話番号0463-93-1121(代表) 内線 6015)
  • 開示の決定通知は、原則として請求を受付けた日の翌日から起算して14日以内に請求者へ通知します。なお、開示の可否は主治医の意見を聞き、個人情報保護委員会で決定します。

開示方法・内容

  • 開示方法は診療記録等の閲覧、複写、書き写し、口頭による説明および要約書・説明文の交付です。
  • 立会者は、原則として医師主治医等・看護職員・事務職員とし、必要に応じて適切な説明を行い、わかりにくい外国語や専門用語については丁寧に解説します。なお、閲覧、複写のみ等で医師が同席しない場合は、診療行為に関わる説明・解説は行いません。
  • 請求者がメモをとることは自由ですが、個人情報の持ち出し、写真撮影、録画、録音はご遠慮ください。
  • 開示時間は原則として1時間以内とします。
  • 開示実施料金として、手数料:3,000円(税抜き)、コピー代:白黒50円(税抜き),カラー200円/枚(税抜き)、X線フィルム:半切2,000円/枚(税抜き)他、画像データのCD-ROM・DVD提供料:3,000円(税抜き)、医師の面談料:12,000円/時間(税抜き)、要約書作成:5,000円(税抜き)を請求いたします。