医療の質指標

医療の質指標(Quality Indicator:QI)は、医療の質を定量的に表現しようとするもので、医療の質改善と医療の効率向上のためのツールとなります。
東海大学医学部付属病院では、2009年より「医療の質検討分科会」を立ち上げ、病院としてのQI項目を選定し、経時的に測定してまいりました。
この結果をホームページに公開することにより、医療の透明性や質の確保に向け、さらなる向上を目指してまいりたいと考えております。

入院患者における他科診療依頼割合(病院全体)

入院期間中に他の診療科(リハビリテーション科以外)へ併診依頼した割合

当院は特定機能病院であるため、複数の重篤な疾患を抱えている患者の入院が多くみられますが、複数科が携わるチーム医療でケアを行い、総合的治療を行うことにより、早期回復を目指しております。
特に眼科や皮膚科、耳鼻咽喉科、精神科など、専門性の高い専門学系診療科への依頼が多く見られますが、内科系の中でも高血圧や心疾患などを扱う循環器内科と、糖尿病、腎疾患などを扱う腎代謝内科への依頼が多く、生活習慣病をもつ患者層が多い傾向にあると考えられます。

退院後緊急再入院率

退院後2週間

退院後30日

退院後6週間

特定機能病院の性質上、高度な手術や侵襲を伴う治療など、重篤な状態の患者が多いことから、合併症等で緊急再入院となるケースがありますが、他施設と比較して低い割合となっております。
また、超急性期の重篤な患者を優先するため、慢性期や回復期は近隣の専門病院に転院いただいておりますが、連携を強化し、質改善に努めてまいります。

死亡退院患者率

死亡退院患者率は各々の病院の機能や特性によって異なるため、他施設と比較するのではなく、自施設での経時的変化から妥当性を検証し、質の向上に努めてまいります。

年齢階級別退院患者数

当院はがん診療連携拠点病院や高度救命救急センターの指定を受けていることとから、日本人が罹患しやすいがん、脳血管疾患、循環器疾患の患者層が多いため、60~70歳台の患者が多い構成となっております。また、2014年度は前年度までと比較し、70歳・80歳台の患者に増加していることから、高年齢化傾向にあると考えられます。

救急車受け入れ割合

当院は高度救命救急センターを有し、救急車だけではなくドクターヘリによる、重症な患者を含め、約100%の受け入れ対応を行い、「断らない救命センター」を目指しております。

剖検率

画像診断・検査機器の進歩により、生前に診断がつく症例が多いことから、剖検率は低下傾向にあります。しかし剖検によって発見される疾患が潜んでいる場合もあることから、ご家族の意向を尊重した上でできるだけ剖検率を上げ、医学の発展や医療の質向上に寄与できるよう努めてまいります。

時間帯別外来採血待ち時間・平均採血患者数

採血患者数は、1日平均750人です。外来採血の受付は、7時45分に開始します。患者さんが多い時には既に、約100人が受付待ちをしています。採血の患者さんの呼び出しは、7時55分に開始します。採血待ち時間は、8時台、9時台で平均16分で、その後は短縮傾向にあります。祝日の翌週の同じ曜日や連休明けでは予約患者さんが多く、採血の待ち時間が30分を超えることもあります。
8時台~10時台に集中する理由は、当院は診察時に検査結果をもとに治療方針を決定できるよう、できるだけ診察前に採血をする体制となっているためです。また、採血時の衛生管理を厳格にした結果、2015年度は検査件数に比べ待ち時間が上昇しています。

検体検査結果報告に要した平均時間

採血受付からの検査項目別平均報告時間の推移を示します。多くの検査項目がありますが、平均45分で結果の報告が可能となっています。これらの検査結果は、精度管理チェックが行われ、正確な検査結果が報告されます。再検査が必要な場合には、30分程度余計に時間がかかる場合があります。診療前検査の場合、予約時間の約1時間前に来院されると、診察までに検査報告が可能となります。
当院では検査結果の説明のために改めて来院いただかなくても良いよう、できるだけ診察前に検査を済ませ、その結果に基づいた治療を行う体制をとっております。