治験・臨床研究管理部

概要


治験・臨床研究管理部は、治験および臨床研究の実施に関するサポートを行う組織です。その組織内には、『治験事務室』(治験事務局業務)、『臨床研究事務室』(臨床研究事務局業務)、『治験実施室』(クリニカルリサーチコーディネート業務)、『診療情報解析室』(臨床研究のための診療情報の解析・管理業務)の4つの部門があり、治験・臨床研究の管理および実施支援を行っています。
治験・臨床研究管理部では、「患者さんに一日でも早くより良い治療をお届けする」をモットーとして、被験者の方の人権と安全を最優先に考え、科学的に根拠のある治験・臨床研究の実施をサポートしています。具体的な活動や実施している研究内容については、治験・臨床研究管理部のウェブサイト(上記)を御覧ください。

ご挨拶


新しいくすりを創る(創薬)ためには、動物を用いた安全性試験などを経て、実際の患者さんに直接投与され安全性と有効性を調べる臨床試験(治験)が必要です。したがって、臨床試験は患者さんの協力がなくては成り立たず、参加いただく患者さんには絶対に不利益がかからないような倫理的配慮やサポートが必要です。また、臨床試験を公正かつ科学的に行うためには、医師、薬剤師、看護師、コーディネーターなどを含めたプロフェッショナルなチームが必要となります。当院においては、治験、臨床研究を円滑に推進するために、治験・臨床研究管理部でプロフェッショナルなチームが日夜活動しております。今後さらに一層の発展を図り、我が国における治験、臨床研究の向上に貢献したいと考えております。

治験・臨床研究管理部長
小林 広幸