産婦人科

診療内容

婦人科腫瘍

 当科では三上、平澤、吉田、池田、飯田の婦人科腫瘍専門医の元に、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん などの婦人科悪性腫瘍に対して最新の治療ガイドラインに準拠しながら手術、化学療法、放射線療法を行っ ています。また、腹腔鏡技術認定医による悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術や遺伝性乳がん卵巣がん症候群 (HBOC)における予防的卵巣・卵管切除術も行っております。 当院は日本婦人科腫瘍学会指定修練施設に認定されております。また婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)にも参加し、治療を含めた臨床試験にも積極的に取り組んでおります。
 さらに、遺伝診療科や病理診断科と連携して、がんゲノム検査もおこなっております。

産科

 石本、三塚、林、簡野、中嶋のスタッフの他、計約8 名で診療にあたっています。妊娠経過に異常がある 方、合併症を有する方のみならず、全ての方に利用いただけます。
 当院は日本周産期新生児医学会指定研修施設に認定されています。また総合周産期母子医療センターを開 設しており、小児科や小児外科と連携をとった診療を行っています。総合周産期母子医療センターのページをご覧下さい。

生殖・内分泌

 佐藤、佐柄、百瀬(美)のスタッフ(うち生殖医療専門医2 名、内視鏡技術認定医2 名)の他2 ~ 3 名で 診療にあたっています。
 不妊症一般検査からタイムプラスを用いた体外受精(顕微授精含む)まで行っており、治療はエビデンスに基づいて個々の状況に応じて方針を決定いたします。生殖外科手術(不妊に関連する手術)に加えて、中隔子宮や膣欠損症の生殖器の先天性異常に対しても腹腔鏡および子宮鏡技術認定医による内視鏡(腹腔鏡・子宮鏡)手術を多く行っております。

主な対象疾患

婦人科腫瘍

 当院では子宮頸がん、体がん、卵巣がんなど婦人科悪性腫瘍が中心です。進行の早い悪性腫瘍の患者さん を優先して治療計画を立てる場合がありますのでご了承ください。

産科

 正常分娩およびハイリスク妊娠管理(妊娠中の異常、合併症妊娠)を取り扱います。
総合周産期センターとして年間90~120例の母体搬送を受け入れています。

生殖・内分泌

 不妊症患者に対する検査、人工授精、体外受精、顕微授精治療、凍結・融解胚移植を積極的に行っています。卵管留水症や子宮・膣奇形、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮筋腫等の良性疾患、婦人科救急疾患に対する内視鏡手術を 行っています。

主な診療実績

婦人科腫瘍

 昨年は年間190例を超える手術数と年間800(延べ)例の通院による抗癌剤治療を行い、日本婦人科悪性腫 瘍化学療法研究機構(JGOG)の臨床研究にも積極的に参加しています。

産科

 ハイリスク分娩取り扱い件数が増加しています。これにともない、帝王切開率も50%を超えています。

生殖・内分泌

 体外受精関連では、胚凍結および融解胚移植件数が多くなっています。
子宮内膜症、子宮筋腫に対する妊孕温存の腹腔鏡手術が増加しています。

ご挨拶


当科では、東海大学の理念に基づいた医療、そして大学病院として高度な医療を安心して受けていただく努力をしています。生殖・内分泌、産科・周産期、婦人科腫瘍に精通したスタッフが、最先端の知識と技量を持って皆様の診療にあたります。少子化、晩婚化、勤労女性の増加といった社会構造の変化も、女性の一生を通して皆様が直面する可能性のある不妊治療~妊娠・出産でのトラブル~子宮筋腫や子宮内膜症などの良性疾患~更年期障害~婦人科がん等に大きな影響をおよぼしています。それをお互いに十分認識しながらテーラーメードな医療を行いたいと考えています。

産婦人科 診療科長
平澤 猛

医師一覧

医師一覧(PDF:212.1KB)PDFファイルを開きます