臨床検査科

診療内容

臨床検査科では、検体検査(血液、尿、生化学、免疫、細菌、染色体、遺伝子など)と生理検査(腹部超 音波、心臓超音波検査、表在超音波、産婦人科超音波、心電図、肺機能、脳波など)における測定と検査診断を 実施しています。検査の正確性と迅速性、診療前検査や検査診断の充実、検査相談、感染対策活動により、 各診療科における安全で質の高い診療と効率化を支援しています。日常の検査項目の多くが即日の検査、診 断が可能です。診療前検査では血液検査や生化学検査の多くが40分以内に正確な結果として報告されます。 24時間体制で緊急対応し救急医療を支援しています。健診センターでの検査を通して予防医療にも貢献して います。専門医師による精度高い検査診断は、専門の検査技師(80名)による正確な測定実施に支えられて います。検査診断には、検査専門の医師の他に、各診療科の医師も参加しています。

主な診療実績

血液総合診断

血液総合診断では、貧血、血小板減少症、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など血液疾患の診断を行います。骨髄検査所見に加え、末梢血、生化学、遺伝子、染色体、フローサイトメトリーなど臨床検査情報、超音波検査など画像検査情報および臨床所見を総合して報告書を作成します。骨髄検査では、血液検査専門技師が判定する正確な細胞分類に基づき、検査専門医または血液専門医が報告書を作成します。

感染症検査診断・感染相談

感染症検査診断では、メチシリン耐性ブドウ球菌や多剤耐性緑膿菌など抗菌剤耐性菌の感染症、O-157など腸管感染症、麻疹・水痘・風疹など発熱性ウイルス性疾患、インフルエンザ・結核など呼吸器感染症の診断を行います。核酸増幅技術や免疫学的測定技術など最先端の技術を導入して、迅速な診断が可能です。感染相談では、検査項目選択、検査計画、結果解釈など検査診断に関する事項および院内感染対策について、院内外からの相談・コンサルテーションを受け付けています。

超音波検査診断

超音波検査では、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓など上腹部臓器、腎臓・前立腺など泌尿器、子宮・卵巣など婦人科臓器、乳腺・甲状腺・リンパ節・皮下軟部組織など表在臓器、心臓・血管など循環器の疾患の診断を行います。大腸や胃など消化管の粗大病変がスクリーニングできます。超音波検査では、超音波検査専門技師が高性能の超音波装置を駆使することにより、高画質の画像を描出します。ドプラーモードによる血流測定もできます。超音波専門医の判読による報告書作成が行われます。

ご挨拶

 臨床検査科は東海大学医学部付属病院の理念・基本方針のもと、患者さんに良質で安全な医療を提供する上で必須な迅速で質の高い臨床検査の提供、大学病院の専門性を生かしたした診療・研究・教育の支援、を柱として、診療に従事しています。
 迅速で質の高い臨床検査の提供ができているかの一つの第三者評価としてISO 15189(臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項)という臨床検査の国際規格があります。東海大学医学部付属病院はISO15189を取得し、要求事項に基づいた品質マネジメントシステムを構築・運用しています。厳格な管理システムのもとに、患者さんに最良の検査結果を提供するため、日々努力を続けています。
 最後に、大学病院の臨床検査科として重要な使命として、新たな臨床検査の開発があります。コロナウイルスの臨床検査なども含めて、日々変化する医療情勢に診療科と密に連携することにより、来院する患者さんのみならず大学スタッフ・地域住民・国に還元できる研究・開発ができればと考えています。信頼性ある検査や診断に努めていますが、お気付きの点があればご連絡ください。


 臨床検査科 診療科長
 後藤 和人

医師一覧

医師一覧(PDF:158.5KB)PDFファイルを開きます