消化器内科

診療内容

消化器内科では、食道から大腸に至る消化管および肝臓、胆嚢、胆道、膵疾患の画像診断や内視鏡を駆使した迅速、かつ正確な画像診断を中心に病態把握とその治療への応用に力を入れております。日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本消化管学会の指導施設、また肝疾患診療連携拠点病院でもあり、消化管、肝臓、胆膵の全領域で専門の高い診療を行っております。

主な対象疾患

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、消化管出血、消化性潰瘍、炎症性腸疾患、急性・慢性肝炎、肝硬変、胆嚢炎、胆管炎、急性・慢性膵炎、胆道結石、その他消化器腫瘍、各種癌、機能性胃腸症。広く消化器疾患を診療しております。

主な診療実績

消化管疾患

食道から十二指腸、また大腸に加え、小腸も含めた全消化管を対象に、一般的に頻度の高い病気から難病患者まで幅広くかつ専門的に診療を行っています。上部消化管内視鏡検査件数は年間10,000件を超え、大腸内視鏡も3,000件以上行っております。またカプセル内視鏡検査も行っており、負担が少ない検査も可能となっています。治療については、先進の医療技術を用いて、治療前により正確な診断を行い、食道や十二指腸・小腸等、治療の処置困難な部位も含め、年間約1000件の内視鏡治療を行っています。
 高度救命救急センターでは多くの消化器疾患を受け入れており、救命救急科と協力し、緊急内視鏡も積極的に行っています。 地域がん診療連携拠点病院としては、積極的に紹介患者を受け入れており、病期に応じて外科と連携、あるいは分子標的治療を含むがん化学療法や放射線治療等、質の高いがん医療の提供に努めています。  近年急激に増加している潰瘍性大腸炎やクローン病などを含め、難病に対して難病治療研究センターとして、最新の検査や生物学的製剤を含む先端的治療を提供しています。
 ピロリ菌除菌に関しても、薬剤過敏や二次除菌不成功例など難しいケースの治療も行っておりますし、機能性消化管障害なども積極的に先進医療を提供しております。

肝疾患

肝疾患診療連携拠点病院として、地域医療機関より依頼のあった急性肝炎や重症肝炎、劇症肝炎患者を受 け入れ、血液浄化療法を含めた集学的な治療を行いつつ肝移植実施施設と連携をとり救命率の向上に努めて います。B型慢性肝炎・肝硬変患者には内服の核酸アナログ治療やペグインターフェロン治療を行っていま す。C型慢性肝炎・肝硬変患者にはインターフェロンを用いない経口抗ウイルス薬を用いて約95%以上の治療 成績も示しています。肝硬変の進行による非代償性肝硬変患者に対しては栄養療法、難治性腹水に対する トルバプタン内服治療を行っています。肝癌に対して年間約40件のラジオ波焼灼療法(RFA)、約120件の経カテーテル肝動脈 化学塞栓療法(TACE)を、食道静脈瘤に対しては内視鏡的治療も行っています。
 また、肝疾患医療センター事業として、患者・一般市民を対象としたみんなの肝臓病講座や市民公開講座を開催しています。

胆・膵疾患

胆道・膵疾患の診断は、腹部超音波、CT、MRIや超音波内視鏡装置などの機器を用い、消化器内科・ 外科医、画像診断科医、病理医・技師、生理機能検査技師が一体となって、非侵襲的に、迅速かつ正確な診 断を行っております。膵癌、胆道癌に対しては、超音波内視鏡やERCP関連手技(内視鏡的逆行性膵胆管造影、腔内超音波断層法、病理診断など)を駆使し、早期発見や進展度診断に努めており、消化器内科・消化器外科・放射線治療科・病理診断科が連携して、最適の治療(手術、化学療法、放射線治療)を提供できる よう努めております。総胆管結石症例に対しては、ほとんどの症例で内視鏡的(経乳頭的)切石術を行って おり、術後胃症例を始めとした治療困難例に対しては他施設からも多数ご紹介頂き小腸内視鏡などを用いて 積極的に治療を行っております。慢性膵炎に伴う膵管狭窄や膵石症例、膵炎後のWONに対しても、体外衝 撃波(ESWL)を併用し、内視鏡的アプローチ(膵管ステント留置術や経乳頭的嚢胞ドレナージ術、超音波 内視鏡下経胃的嚢胞ドレナージ術)を行っております。急性膵炎や急性胆嚢炎・胆管炎、閉塞性黄疸など緊 急対応が必要な症例に対しては、夜間・休診日を含め迅速に各種ドレナージ術(内視鏡的胆道ドレナージ術、 経皮的胆道ドレナージ術)を行い、集中治療室における全身管理を行っております。

ご挨拶

 消化器内科は、ヒトの内臓の大部分を占める、「消化器」、つまり、食道、胃、十二指腸からなる上部消化管、空腸、回腸、大腸からなる下部消化管、さらに、肝臓、胆嚢、胆管、そして膵臓とその周辺に起きた疾患を扱う、まさに全身を診る内科系診療科です。患者さんの症状は様々であり、そこから病気を診断していきます。その病気の中には、器質性疾患もあれば、機能性疾患もありますし、急性もあれば、慢性、あるいは間欠性の疾患もあり、そして、炎症による疾患もあれば、腫瘍による疾患(がんなど)もあります。
 最近の画像機器や内視鏡の進歩により、形としてみえる器質的疾患の診断技術は急速な進歩を遂げ、ほとんどの消化器臓器に外科的方法をとらなくても直接アプローチし、その組織の細胞を採ってくることができるようになりました。一方で、消化管のように常に、分泌・吸収・運動・排出などの機能を正常化する薬物療法などでコントロールします。一方で、近年の治療学の進歩は目覚ましく、炎症や腫瘍に分子特異的にアプローチする薬物療法も登場してきて、治療の現場は急速に変化し、治せなかった病気も治せるように、あるいはコントロールできるようになったものも多くあります。
 全国や地域の皆様のおかげをもちまして、我々の消化器内科には、毎日、多くの患者さんが来院され、大学病院の中でも外来患者さんが一番多い診療科になっております。我々の消化器内科は、患者さんの症状を丁寧・適切に拝見し、本院に完備された最先端の消化器関連機器を駆使し、各領域に卓越した消化器内科の専門医がその病気を診断し、そして、最新鋭の治療法を提案し、病気を治します。消化器全体の診れる体制で、その患者さんを診ることを心がけておりますので、神奈川県西部では勿論のこと、日本国内でも屈指のハイボリュームセンターとしての責務を担わせていただいております。

消化器内科 診療科長
鈴木 秀和

医師一覧

身分/医師名 専門分野/特に専門とする領域 専門医資格 外来診療日
教授/
鈴木 秀和
消化器内科全般
/上部消化管疾患(食道、胃、十二指腸疾患)、機能性消化管障害(胸焼け、胃痛・胃もたれ・嘔気・食欲不振・便秘・下痢など)、消化管疾患の薬物療法、消化器癌の薬物療法
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医/日本消化器病学会消化器病専門医・指導医/日 本消化器内視鏡学会専門医・指導医/日本肝臓学会肝臓専門医/(日本がん治療認定医機構がん 治療認定医/日本消化管学会胃腸科専門医/日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医/日本医師会認定産業医) 月・水
教授/
松嶋 成志
消化管疾患の診断と治療、消化管内視鏡診断と内視鏡治療
/消化管悪性腫瘍、炎症性腸疾患、機能性胃腸疾患、胃食道逆流症、 ヘリコバクター・ピロリ感染症、消化管内視鏡治療
日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医/総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医/日本ヘリコバクター学会認定医/日本消化管学会胃腸科暫定専門医・指導医 水・木
教授/
加川 建弘
急性肝炎・慢性肝炎、肝硬変、食道静脈瘤、肝細胞癌
/ウィルス性肝炎に対する抗ウィルス治療、肝臓癌に対するラジオ波焼灼治療(RFA)、胆汁うっ滞の病態および遺伝子診断、食道静脈瘤硬化療法
日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医/日本肝臓学会専門医・指導医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 月・金・土
講師/
伊藤 裕幸
肝胆膵
/胆膵良悪性疾患(総胆管結石、急性胆嚢炎、胆管癌、胆嚢癌、慢性膵炎、急性膵炎、膵癌)の診断、治療
日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医/日本肝臓学会専門医・暫定指導医/ (日本胆道学会指導医/日本膵臓学会指導医/日本消化管学会認定医・指導医) 月・火・木
講師/
荒瀬 吉孝
肝胆膵、消化管
/ウイルス性肝炎、肝硬変、肝癌、食道および胃静脈瘤、脂肪性肝疾患、ERCP、大腸ポリープEMR
日本内科学会認定内科医・指導医・総合内科専門医/日本肝臓学会専門医・指導医/日本消化器病学会専門医/日本消火器内視鏡学会専門医・指導医/ (日本門脈圧亢進症学会技術認定医(内視鏡的治療領域) 月・水・金
助教/
川西 彩
肝・胆・膵
/EUS・ERCP・FNA・胆膵疾患の診断・治療
(日本内科学会認定医)/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医 火・金・土
助教/
門馬 牧子
消化管
/消化性潰瘍、消化器悪性腫瘍、消化器(食道・胃・大腸)
(日本内科学会認定医)/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医
助教/
中江 浩彦
消化管
/胃癌、消化性潰瘍、機能性消化管障害
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医/日本消化器学会消化器病専門医/日本消化器内視鏡学会専門医 火・木・土
助教/
寺邑 英里香
消化管
/消化性潰瘍、消化器悪性腫瘍、消化器(食道・胃・大腸)
(日本内科学会認定医)/日本消化器病学会専門医 /(日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医) 火・木
助教/
小玉 敏生
消化器内科
/胆膵疾患の診断・治療 
(日本内科学会認定医) 水・金
助教/
佐野 正弥
消化器内科
消化性潰瘍、消化器悪性腫瘍、消化器(食道、胃、大腸) 
日本内科学会認定医/(日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医)  火・金
助教/
藤本 龍太郎
消化器内科
消化性潰瘍、消化器悪性腫瘍、内視鏡定期粘膜下層剥離術(ESD) 
日本内科学会認定医/(日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医)  月・火
助教/
金子 元基
消化器内科
炎症性腸疾患、消化性潰瘍、消化器悪性腫瘍 
日本内科学会認定医/日本消化器内視鏡学会専門医 月・水・土
助教/
新間 淑雅
肝胆膵、消化管
消化器疾患
火・木
助教/
伊藤 彩乃
消化器内科
消化器疾患
金・土
大学院生/
藤澤 美亜
消化器内科
/消化性潰瘍、消化器悪性腫瘍、消化器(食道・胃・大腸)
日本内科学会認定医・指導医・総合内科専門医/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/(日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医) /日本消化器学会胃腸科専門医
大学院生/
上田  孝
消化器内科
消化器疾患、消化器感染症、悪性腫瘍 
大学院生/
三島 佑介
消化器内科
消化器疾患、消化器感染症、悪性腫瘍