東洋医学科

診療内容

漢方医学はおよそ1500年前より伝わる日本の伝統医学であり、現在の日本の医療制度では保険診療により約160種の生薬と147種類の漢方エキス製剤、1種類の漢方軟膏製剤を用いることができます。日本では現代医学的な診断や治療を踏まえた上で、伝統医学的診療を行うことができ、これは世界的に見ても非常に優れた医療体制です。その中でも当院は最先端の現代医療を行う医師と共働し、漢方医学に精通した医師が伝統医学的な手法や知見を駆使して漢方治療を行う点で突出しており、多くの患者様の健康に貢献できるものと自負しています。また、医療技術職員として経験豊富な鍼灸師が常勤しており、鍼灸治療を併用することができる点も大きな特色です(自費診療)。現在、患者数は月間約 500名、鍼灸治療は約150名で推移しており、院内他科や地域の医療機関からの紹介を中心に診療を行っています。

主な対象疾患

 漢方医学においては身体のありとあらゆる症状に対応することができ、さらに心身一如の考え方に基づいて心の症状をも治療対象としています。特に臓器別の疾患領域の区別なく診療を行います。もちろん現代医学的な診断・評価は非常に重要ですので、必要があれば当該診療科の専門医に紹介し、その診療を受けつつ漢方治療を行うことになります。内科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、整形外科、精神科などの多くの領域の疾患が漢方治療の適応であり、どのような症状であっても現代医学的な治療が奏功しない場合には一度ご相談ください。

主な診療実績

2021年の総患者数は7,377名で、そのうち漢方初診が257名、再診が5,484名、鍼灸は1,636名でした。初診患者の受診経路は、当院の他科からの紹介が45%と最も多く、総合内科、脳神経内科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、乳腺外科などから多くの紹介を頂いております。近年は悪性腫瘍に対する標準的な治療によって起きる副作用を軽減するために漢方治療を併用したいという方が多く受診されており、専門診療科の医師と連携して診療に当たっております。その他、他院からの紹介が24%、家族・知人からの紹介が8 %、ホームページなどのインターネット情報が6 %、院内パンフレットが3 %となっております。

その他特記事項

漢方診療は全て保険診療で行われますが、鍼灸治療に関しては、保険診療ではなく、自費診療となります。

ご挨拶

心身共に健康で長生きすることが医療における究極の目的であることは、洋の東西を問いません。ただ、東西両医学は病気に対する考え方や治療法がまったく異なっているのです。大雑把に言えば、東洋医学は人間が本来持っている自然治癒力を向上させることに治療の本質を求めているのに対し、西洋医学は病気の原因や部位を特定してそれを取り除くことに価値を見いだしていると言ってもよいでしょう。ですから、両医学はそれぞれ得意な治療分野を持っていて、臨床では、言わばよい医療を支えるための車の両輪の役割を果たすと考えることができます。心とからだが健康であるために、東洋医学はもう一つの有力な治療手段になり得るのです。
東洋医学外来を担当する医師は、漢方専門医であると共に、西洋医学でも経験豊かなスペシャリストがそろっています。だからこそ、東洋と西洋、両方の視点に立って、患者さん一人ひとりに一番合った治療法を考えることができるのです。

東洋医学科 診療科長
新井 信

医師一覧

医師一覧(PDF:126.6KB)PDFファイルを開きます